FC2ブログ

記事一覧

160km/hへの加速映像を解析!!新型スカイライナー試乗会(番外編)

今回は新しい映像画像はありませんが、160km/hへの加速映像を解析してみました。
(そんなたいした解析ではありませんが、、、)

新型スカイライナー試乗会 160km/hまでの加速

この映像で加速し始めから、車掌が到達スピードをアナウンスしていますが、そのアナウンスしはじめをその速度の達成時間としたとき、各速度への達成時間はつぎのとおりです。

100km/h 51s
130km/h 69s
140km/h 81s
150km/h 91s
160km/h 103s

以上のことから100km/h達成までの加速度は約2km/h^2と車両のスペックどおりの起動加速度であることがわかる。このことから印旛日本医大駅から喘息で加速したものと考えられる。

通常の運転ではこの駅の止まることがないため、100km/h以上の速度からの加速のため160km/h区間で160km/hへの達成は容易だろうが、この試乗会では短い区間で0からの加速のため最大の加速を下のではないかと予測できる。

では100km/h以上ではどのくらいの加速度にないっているのかというと
0-100km/h 1.96km/h^2
100-130km/h 1.67km/h^2
130-140km/h 0.83km/h^2
140-150km/h 1.00km/h^2
150-160km/h 0.83km/h^2
となる。

当然、車掌のアナウンスがずれることも考えられるため、この数字は信頼できる数字ではないが、定性的には次のことが言える。

100km/hまでの加速はスペックどおりの加速性能を発揮
100km/h以上においてはやや加速度が鈍る。

ってまぁそこまでもいえないでしょうけれどね・・・ちょっと遊んでみました。






コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

アクセス数

スポンサードリンク2

Links

月別アーカイブ

08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01