記事一覧

近鉄1026系 方向幕点灯(ボディー穴あけなし!!)

ちょっと思い付きがあって、ボディー(外装)に穴を開けず、近鉄1026系の方向幕を点灯できないかと・・・

出来ました!!


といっても、問題点はまだまだ。。。以下のことが気になります。
 ① 幕の周りの赤の部分が若干透けている
 ② 屋根が少し浮き上がり隙間から光が漏れている
 ③ ボディーごと透過させたので光が黄色っぽい
といったところが大きな問題化と・・・

でも、対策は考えてありますので次のときからはその対策も施してみようかと思います。

それでは今回の作業手順です。

1) ライトユニットをばらす


2) 幕の裏に当たるライトユニットに切れ目を入れます。


3) 点灯用のユニット作成


 今回、まくてんとうようにつかったのが、白色角型LED、小型ブリッジダイオード、抵抗560Ωです。
 これらを写真のように組み合わせ、、、

4) ライトユニットへの組み込み


という感じでライトユニットに取り付けます。

前から見ると・・・


幕点灯用のユニットをもうちょっと下側に調整します。

5) ボディー屋根側の切れ込みを入れる。


6) ライトユニットを組み込みます。


7) 後は屋根をはめて完成です!!


どうでしょうか・・・問題点はいっぱいありますが、ボディーを浜手初点灯したときには、一人で「おぉ~」と声を上げてしまいました。

改良方法はいろいろと考えていますが、その紹介はまた後日・・・


↓もしよければ、一票お願いします。
 
↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!! 
 

コメント

No title

こんばんは

工事お疲れさまでした。
これはすごいの一言です。幕が点灯するとさらに格好良くなりますね。
ヘッドライトも改良され、既製品とは次元が違うくらいだと思います。
私もGM車両を抱えているので、この方法で点灯化できないか、ぜひ参考にさせてください。

No title

おはようございます。

まずは画像を見てビックリしました!
角型前面の近鉄車両の方向幕が光るとは、素晴らし過ぎです。しかも穴空けなしとは…。私もこの方法を是非、参考にさせて下さい。GM製が見劣りせずに引き立ちますよ~。

近鉄通勤型の前面方向幕は今のところ自作するしかなく、私もマイクロ予定品を待とうと思っていたのですが、挑戦してみようと思いました!

No title

こんにちは。

おぉぉぉぉぉぉ~!!!!!
素晴らしいです!!
車体の厚みがあるぶん、光り方も自然で良い感じです。
めっさ触発されました。
5200系にも応用出来そうですね♪

No title

東京ライナーさん
コメントありがとうございます。

この車両の構造をにらめっこしていたとき何とかなりそうかと重い実践してみました。まだまだ改善の余地はいっぱい残っていますが、まずまずの出来に満足です。

ほかの車両も同じように出来るとは思いますが、やはり若干の構造差で難しい車両も多いと思います。

No title

だいや96号さん
コメントありがとうございます。

実は前回のヘッドライト交換でボディーが透けているのを見て、これってGMのぷらが薄いのを利用すれば光らせられるかも・・・という思いつきで・・・まだまだ改良の余地が残されていますが、確立に向けて、今週末残りの車両もチャレンジの予定です。

No title

まちゃけんさん
コメントありがとうございます。

ヘッドライトの交換時に、ボディーから透けているのを見て、、、また、幕の周りの色が濃い色で構成されているのでいけるかなぁ~と感じていました。
まだまだ改良の余地がありますが、残りの先頭車両も進めていきたいです♪

No title

GM製品の方向幕は点灯しないんですね。
角形LEDを使用すると取り付けできるんですね(*^_^*)

GMの運転席部が他社と違い不自然差が有りますね!
点灯出来ると一段と車両が良く見えます。

No title

おお! すごいですね!

方向幕ライト部分に蓋(?)をつけると、前面方向幕上の屋根との隙間の光の漏れが抑えられるかな? と思います

No title

こんばんは

なるほどGMの「薄い塗装」を逆手取った作戦ですね。
ライトを強くすると光漏れが凄くて苦戦しますが、これは良い方法かもしれませんね。
光漏れ部分は、ダイソーのアルミテープで遮光してはどうかな?

No title

こんばんは。

これは素晴らしい改造ですね。
行き先幕が点灯するのとしないのでは見栄えが変わりますね。

ライトユニットをバラした状態はまるでパズルのよう…。
GMのライトユニットだから出来る技なのでしょうか。他社の製品でも方向幕を点灯させたいのはあるのですが。

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます。

GM背品の多くは幕は非点灯です。
今回角型LEDで点灯できたのはボディー的に条件が満たされていたkだけでGM背品の多くはこれほどうまくいくことはありません。


なかなか厄介なやつです。
ただ近鉄の1026系に関してはこの方法より少し改良してやれバットいい感じで点灯させられそうなので、もうちょっとがんばってみたいです。

No title

MNさん
コメントありがとうございます。ふたはするスペースは残っていないでしょうね。
今の時点でもすでに屋根を押し上げる感じになってしまっていますので、もっとLEDの結晶部分を削ってやらないと、、、でも今でもやっているのですが、アルミテープをもう少しうまく張ってやれればこの光漏れは抑えられるのでは以下と思います。

No title

かんちょさん
コメントありがとうございます

透ける透けるとのコメントでしたので、いっそのことその特性を利用してやろうと考えました。
祖すれば緊張するボディー外装への穴あけなども必要なくなりますし、一石に超過と・・・まだまだ改善の余地はありますが、最初に点灯したときにはすごく気持ちがよかったです。今週末、改善に取り掛かれれば・・・

No title

志木鉄道さん
コメントありがとうございます。

今回はボディーの薄いという弱点を利用して、点灯させてやりました。
GM背品でも同じ条件が整えばこのようにボディーに穴をあけることなく点灯させることができますが、他の車両だとどうでしょうか・・・うまくいけばいいのですが・・・

No title

こんばんは

加工作業お疲れ様でした。
この製品の方向幕は標準では点灯しないのですね…
それにしても(薄い)赤の塗装を通してることも有り方向幕らしく綺麗に光ってますね^^;
室内灯の場合も透けて仕舞うのでしょうか?

No title

聖徳太子さん
コメントありがとうございます。

GMの製品は幕は点灯しません。全製品ライトの基盤は統一だからです。
今回の車両なんかは、個人の改造でここまで出来るのだから、ちゃんと設計すれば簡単に幕は点灯できると思いますが、しません。。。あんなに値段が高いのに・・・

No title

凄いですね~。
方向幕が点灯すると、前面が俄然リアルになりますね。
方向幕専用のLEDの取り付けはメーカーでもなかなかないのでは?
これは、思わずニンマリしますよね。

No title

透過工法とでも言いましょうか興味深い記事ですね~
基本模型に加工をしないで使えるのが一番いいですもんね! 対策が非常に気になるところですが、物によっては透けないのもあるんでしょうね~

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

まだまだ問題点もありますが、このヒカリをまの当たりにしたとき、やっぱりニヤけてしまいました♪
方法的にはこの構造だと意外と簡単なのですが、細かな対策を混同進められるかによってほかの先頭車をどうするか考えて以降と思っています。

No title

Mitoona3さん
コメントありがとうございます。

GMの製品は割りと部材が薄いですから多くの場合透けてくれると思います。ですが、逆に透けすぎることが問題になるのではないかと・・・

今回この車両は方向幕の周りに色が濃い色だったのでそれっぽくうまくいきましたが、ここが白いものだったとしたら車体が光ってしまってこうはうまくいかないかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links