記事一覧

【KATO:3005-1】EH10 電球色LEDに交換

先日入線しましたKATO3005-1 EH10の整備を実施 電球色LEDに交換しました。


ナンバーは近所のよしみで、33号機東芝製にしました。
きっといまのEH800やHD300のようにあの工場から出てきたと思うと・・・

ちなみに元のオレンジLEDは・・・

とまぁ、まだ写真邪魔しに見えますが、目視では完全にオレンジですorz

では早速、電球色LEDだけでなく、整備の模様を・・・
まずは・・・カプラーですね。

通常は左下のアーノルドカプラーから、KATOカプラーへの交換なんでしょうけれども・・・
しかも、切れ込みのあるタイプなので前から取り外して取り付ける。。。

ですがスカートをはずしてみると、他の機関車と同じでしたので、、、KATOの「CSナックル」を取り付けました。

やっぱり小さくてこちらのほうがいいですよね。
このほか信号炎管、手すり、碍子、避雷針(旧型)、ホイッスル、ナンバープレート、メーカーズプレートと・・・


けっこう取り付けるのが多いですね。最近のKATO製品はほとんどありませんから。。。

そして、メインのヘッドライト!!
まずは車体をばらします。

構造は複雑ですがボディーはすごく簡単に外れました。
面白いのはモーターは写真左側だけについていて、、、右の車両にはフライホイールだけ・・・


面白い構造ですね。。。このモーターのない車両のおかげで常点灯に対応しているのかもと・・・
そして基盤は・・・

両方とも同じ基盤でして。。。一番左にあるのは見慣れませんね。。。構造的にはコンデンサっぽい位置にありますが・・・すでに常点灯をしているのであえて取り除く必要はないのかと・・・いつもの茶色のチップコンデンサはついていないのかと思いきや・・・

モータのついている車両のLEDに


直接ついていましたね。。。でもこのオレンジLEDと一緒に取り除いてしまいましたから・・・チラつきが発生してしまいますね。

あとは、LEDを交換するだけですね。。。。すごく簡単です。

左が交換後、右は交換前ですね。。。取り付けの際には残す足の長さだけは注意しないといけませんね。

やっぱりいいですよね電球色は!!

そしてこの光量!!目がでかいだけに交換の効果は絶大ですね。

最後にLEDの交換の副作用であるチラつきの様子などを映像でご覧ください。

チラつきますが、、、まぁまぁ、、、我慢できなくはないレベルですね。

気になっていやな場合は、
もともと常点灯はしていたのでもう一度コンデンサをつけるのもありかもしれませんね♪


面白くても、そうでなくても、↓是非一票を!!


↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!


コメント

No title

おはようございます
さっそくLED交換作業を始められましたね。
構造モーターとフライホイールが別れているのもスペースの関係ですね。

前照灯のLEDですが秋葉原の秋月電子で購入ですか? 以前にブログに載せられてると思いますが情報を頂けると嬉しいです。

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます

フライホイールは2つついていまして、もう片方の車両にはモーターとフライホイールが1つ、こちらの車両にはフライホイール1つのみ・・・といった感じです。

電球色LEDは秋葉原では購入していません。というのもあれだけの部品の中から探すのが大変ですし、しかもたまに電球色といいつつ黄色いLEDがあったりと、店やメーカーによってさまざまで、、、過去に大変困った経緯があります。

そこで、ここのブログ仲間の間ではLEDパラダイス(ブログ内ではよくエルパラと読んでいる)という通販専門のお店での購入となっています。ここでは商品が安定してくれていますし、なんと言っても探しやすい。秋葉原の山のようにr部品の中から、ひとつのLEDを探し出すのは時間がかかりますからね。それと、送料が安い。定形外郵便で送ってくれますので少量なら140円程度で送ってくれます。

ページは検索エンジンで検索すればすぐに出てきます♪

No title

こんにちは。電球色LED明るいですね~!(◎_◎;)
動画でも線路や路面を照らしているのがハッキリと分かりました。
そしてEH10の入線おめでとうございます。EH10は子供の頃、親戚の家に遊びに行った際、駅通過でメチャメチャ速いスピードで通過して行った記憶しかありません。(^^;;

No title

こんにちは。

コンデンサ、付いてたのですね!?
スイマセン、記憶違いでした(汗)

8枚目の画像の左の部品はスイッチングダイオードですね~
他の機関車の基盤は両側にLEDが付いているので、それぞれが逆電流を防止しているのですが、EH10の場合はLEDが片側なので、スイッチングダイオードで逆電流を防止しているようです。

フルスロットルで走らせることはないと思いますが、抵抗値が低いのがちょっと気になりました。
ウチは560Ωに交換しています。

それにしても、デカ目一灯の電球色は効果絶大ですよね!
素晴らしいです♪

No title

こんばんは、解説ありがとうございます。とてもよく解りますね(*^_^*)
LEDと一緒に取り外したコンデンサらしき物体は残すことはできなかったのでしょうか?コンデンサだとして残せればチラツキも更に無かったかも知れませんね(^_^;)
でもこの程度は全く問題ないですね。光量も格段にUPしましたね。

No title

面白い構造ですね~ カーブでシャフトが当たらないのかしら?なんて本題とは違った点が気になってしまいました(笑)
LEDも比較的手に入れやすいですから、こういうディテールアップは積極的に行いたいものです。 でも、怖くて出来ないのが本音^^;

No title

こんばんは。

やっぱりLEDに交換すると、明るいし電球色になりますね。
元のは電球風ですが、実際に見るとオレンジに見えるのでやはり直したいです。

DCC化しようとすると灯火類のLED化は必須なのでライトの改造は参考になりました。
H級をDCC化するには大変なので、ホビセン製作版EH200を分解して研究してみます。

No title

こんばんは

EH10、LED交換してだいぶ明るくなりましたね。ただし抵抗が「270Ω」なので、ここは交換しないと危険です。
(オレンジLEDとレッドLEDなんかは、抵抗値が270Ωでの点灯が標準らしいです)

基板の端は「ダイオード」ですね、常点灯化でコンデンサを外す以外で、うちでやっている「後方ちらつき軽減加工」(HIRO-NMLCさん方式)は、コンデンサから停止時に逆に電流が流れて消灯しないように「ダイオード」(逆電防止)を追加していますので、この方式だと同じ位置に「コンデンサ」を移植するとちらつき軽減化出来ます。
ついでに隣に「20KΩ」の抵抗も(またいで)並べると、「後方ちらつき軽減化」になっちゃったりします。

両側有ると複雑ですが、片側だと結構簡単なんですけどね。

No title

確かにライトの口径がでかいだけに、電球色化の効果ははっきり出ていますね。
LED交換も比較的楽そうだし、EH10がますます欲しくなりました。
でも、EH10を買うと、EF60も欲しくなり、そうなるとEF65の0番台もしくなって、国鉄新型電機スパイラルに突入しそうです。。。。

No title

まちゃけんさん
コメントありがとうございます。

抵抗は交換したほうがよさそうですね。確かに・・・抵抗の交換は二刀流でやれば簡単に出来ますからね。。。

No title

八トタH43さん
コメントありがとうございます。

本当に明るくなってくれました。でも実は凄いハイビーム的でトンネルに入るときにも入り口の上に光の焦点が・・・これは仕方がないとは思います。
でも実はわたしはこのEH10が動いているところを見た事がありませんよ。
いっぺん見てみたかったのですがね。。。見られた記憶があるなんてちょっとうらやましいです。

No title

GREEN CARさん
コメントありがとうございます。

コンデンサを残せば間違いなくチラつきは抑えられたと思います。
しかしながら、このコンデンサがあるとモータの積んでいる車両は常点灯をしなくなってしまいますので、私の場合は常点灯を優先しています。

No title

Mitoona3さん
コメントありがとうございます。

シャフトは、、、一応は当たりませんでしたがC280未満のカーブが本線上にはないので大丈夫だったのかもしれませんね。今度は支線上で走らせて・・・って本物も字苦渋の大きな個のEH10は本線しか走ってませんからちょうどいいかもしれませんね。

No title

志木鉄道さん
コメントありがとうございます。

元のオレンジのLEDはやはり暗いですし、、、目視では完全にオレンジですからね。やっぱり交換したくなります。

LED交換だけならばけっこう簡単なので、参考にしていただければ嬉しいです♪

No title

かんちょさん
コメントありがとうございます。

やっぱり抵抗も交換がいいですよね。
わかってはいても面倒でついそのままに・・・というのも私いままでLEDを取り付け作業中に破壊はありますが、取り付け後の仕様でお亡くなりになった事がないので、どうしても実感がなかったりします。。。

まぁ交換後の車両の走行時間が短い、交換前に走り倒して交換したら満足してしまってしまうという・・・南下本末転倒なことをしているからかもしれませんorz

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

この時代の東海道を実現してみたくなりますよね。
私はEF60はありますが、、、65の0番台は・・・そして60も特急色だったりしますから、気にしだすとどんどん欲しくなっちゃいますよ。まずはこのEH10に似合う旧貨物系から入ったらまさにそのルートで欲しくなっちゃいますよね。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links