記事一覧

【鉄道模型】小田急電鉄 VSE と HiSE

室内灯のLED化が完成して、ついにHiSEも営業運転に就きました!


なかかな連接車体のHiSEの室内灯LED化は骨が折れましたが、何とか無事に終了しました。


おっと、、作業で展望席に指紋が・・・大体写真で気がつくんですよね。後でふき取っておきますorz

この室内灯のLEDか、先日のブログでもやり方を紹介(http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/32075757.html)しましたが、電球のものをLEDに変えるには当然ブリッジを介す必要があるため、基盤から作製してみました。


工夫箇所はチップLEDの表裏一体取り付けで、電球の光の広がりに対応した事です。
(基盤については →http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/32075757.html

こんな感じで何とか、営業運転にこぎつけました。
それでは、VSEとHiSEの営業運転シーンをご覧ください。


いかがでしたか、なかなかLEDの室内灯がきれいに光ってくれましたよね!!

この後はLSE、、、こいつも室内灯を搭載してやらないと・・・でも小田急のロマンスカーは車体が短いから、なかなか市販の室内灯では取り付かなかったりしますよね。LSEも自作で以降かしら・・・

面白くても、そうでなくても、↓是非一票を!!


↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!


コメント

No title

こんにちは、新旧ロマンスカーの共演も良い雰囲気です。
照明も安定して綺麗に点灯していましたね~(*^_^*)
小田急ファンは多いですから今回の加工は特に必見でしたね!

No title

こんにちは。

自作LED基盤での室内灯改造お疲れ様でした。
照明を落として撮影した写真で明るく輝く室内灯がとても綺麗です。
動画の方でもHiSEとVSEの離合風景がとても良く撮れています。
また、小田急のロマンスカーの進化が見て取れました。

No title

こんばんは。
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします♪

おぉ!!まぶしぃ!!
こりゃいいですね。
ロマンスカー同士並べるとやっぱりかっこいいですね♪
小田急の車両も欲しくなってきましたorz

No title

やはり『ロマンスカー』はカッコイイですね~。
正統な血統の二車種。
競演が素晴らしいです♪

No title

こんばんは
HISE全ての車両に室内灯が付き、自作室内灯基板は素晴らしいですね
こうなるとVSEの展望室にも室内灯が有ると良いですね。
私には作れそうも無いので1セット余分に作ってください(笑)
ナイス✨です

No title

ロマンスカーもこの時期は忙しかったでしょうね(笑)
写真で気がつくチョットした汚れやホコリ!私もよくあります(笑)
心なしか駅舎が小田急に見えてきました(笑)

No title

まちゃけんさん
コメントありがとうございます。

HiSEの室内灯は気に入らない点もまだありますが、そこに手を出すと他が崩れそうで・・・ナチュラルホワイトもなかなかいい感じですが、ヘッドライトに使うって言うよりも室内灯だと思うので、チップだけではなかなか用途が限られてしまいますね。そして室内灯に使うのであればサイズは2012ではなく、もう一つ大きくてもよかったのかもしれません。

No title

ゆうさん
コメントありがとうございます。

なるほど伸縮チューブですね。今回の室内灯はチップLEDなので、ちょっと難しかったかもしれませんね。後連接車体で導光プラ材自体が曲がっているところもあってそこから光がもれ出ているところもあり、その辺の地策も考えていければもっといいものになるかもしれません。

No title

東京ライナーさん
コメントありがとうございます。

まだまだ至らない点もありますが、おおよそ及第点の光が出来ました。
LESはとミックスの純正でOKですね!!ちょっと高いのがつらいですが・・・まずは集電シューからですよね!!

No title

かんちょさん
コメントありがとうございます。

今回のHiSEは室内灯標準搭載で、市販の室内等が取り付けられないため、自作となりました。
小田急電鉄はこのほかにも魅力的な車両が多いですからね。今はロマンスカーのみにとどめていますが一般者まで手を出せば・・・危険な領域ですね。

No title

八トタH43さん
コメントありがとうございます。

走行中は明るいのですが停車中は若干くらい感じです。抵抗値は430Ωとそれほど大きくはないのですがね。。。そこはやはり抵抗ではなく低電流ダイオードを使うべきだったかもしれませんね。

No title

だいや96号さん
コメントありがとうございます。

HiSEにはやはり白色の室内灯が似合いますよね。
ヘッドライトに電球色を使っていて、そこからの光漏れで、先頭だけが若干記録なっちゃっているのが問題なんですが、そこもナチュラルホワイトにしてやればよかったかと・・・・

まだ改良した移転は多々ありますが、今はここまでとしておきます。

No title

GREEN CARさん
コメントありがとうございます。

今回の室内灯にはコンデンサは搭載しませんでした。
搭載すると停車中の光が暗くなってしまいましたので・・・・

その割には安定的に光ってくれて、結果オーライって感じですが・・・いまはこれで。

No title

志木鉄道さん
コメントありがとうございます。

本来は停車中でも明るく輝いてくれればよかったのですが、やはり若干・・・そこはどうしても低電流ダイオードを使わず抵抗にしてしまったのが原因かと・・・

ロマンスカーはこの後、LESも室内灯の装備を予定しています。こちらは市販品で行こうかとは思いますが・・・予算がないのでどうするか。

No title

おはよーぐるとさん
コメントありがとうございます。

ロマンスカーはLESは持っていますが、あさぎり系がこれから、それより以前物も含めて何とかそろえたいと考えています。ただNSEはプレミアが就いちゃっていて・・・難しそうですね。

No title

まつぼっくり99号機さん
コメントありがとうございます。

あとLSEがあるのですが、室内灯の装備がまだでして、、、近いうちに3世代そろい踏みを実現しようと思っています。

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます。

確かにVSEは運転席下のライトユニットのため光が届いていませんよね。
気にすると気になってきますね。でもけっこう難しそうです。。。

No title

Mitoona3さん
コメントありがとうございます。

目よりも写真のほうが大きく拡大されますからね。
車両に印刷された文字などは写真でとって拡大してみたりしますから・・・

撮影を終えて記事を書くために編集中にいつも気がつくんですよね。でもそのときには撮影環境は・・・すでになくorz

No title

HiSEのLED室内灯交換は良い感じですね。
VSEのものと比較しても遜色がないですよ。
うちも早くVSEに室内灯を入れなくては。。。。
動画良い感じです!!

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

この室内灯は標準での電球搭載だったのでやっぱり大変でしたが、何とか無事に・・・
私もこの後LSEの室内灯装備が、、、LSEのほうはTOMIXの旧台車なので終電シューから取り付けなければなりません。材料はずっと前に購入していたのですが、面倒なのでほったらかしに・・・

VSEは電球色と白色で悩みましたが・・・南武蔵野線さんはどちらを選ばれるのでしょうね!楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links