記事一覧

【KATO:10-161】小田急10000系HiSE 室内灯LED化♪

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年、最初の内容は・・・
小田急10000系HiSE 室内灯のLED化です。


今回は、室内灯の色にこだわってみました。
先頭車はヘッドライトの電球色がもれているので、ちゃんと見えません、、、
なので2両目がその色を表していると思われます。


どうでしょうか、、、いつもの白色LEDとはちょっと違うでしょうか!!
いつもの青白い感じの光とは少し違っていますよね♪

使ったLEDはこちら・・・


LEDパラダイスの「ナチュラルホワイト」を使ってみました。
効果はなかなかあったのではないかと。。。光の量を考えたときにはこのこの2012サイズではなく3020くらいにしたほうがよかったかなぁ~と思っていますが、まずは成功という事で、、、

それでは連接台車で特異なHiSE独特の室内灯の交換方法をご紹介します。

まずは下についていた電球ですが、、、連結をはずすと


このような感じで、連接台車の中間に室内灯が装備され、ひとつで2両に光を供給する仕組みになっています。

これは、電球ならではの光の広がりを利用した構造で、LEDにはとても不利な構造です。
そこで、KEDの極を合わせて背中合わせのLEDを作製しました。


これにより、前後の車両に同時に光を供給できるかと♪


基盤は特になく給電金具からすべーサーを用いて車両の中間に電球を置く構造になっていました。


そこで、この構造をまねて基盤を作成してみました。



基盤はいたって単純構造で、給電部分から中央に抵抗を解して、ブリッジダイオードへ、、、
ブリッジは超小型のものを使い、、、上の写真ではちょうど基盤の裏側に当たります。

そして、始祖のブリッジの出力の足に直接、コンデンサと先ほど作製した両面張りのLEDをつけました。

これを車体に組み込みます。



いい感じで台車の中間部分にLEDを設置できました。

そして前回はちゃんとテールランプが光らなかったヘッドライトの基盤のほうですが、
二度目とあって構造などもちゃんと検討できていたので、割と簡単にきれいに作成できました。


今回の特徴は、上の写真の下側にテールライト用のLEDを2つつけ、テールライトの導光版に位置を合わせてみました。
そして、LEDも・・・

赤のLEDを使用してみました。。。じつはこれは後では白を使えばよかったと思っています・・・・理由は後ほど。。。

そして基盤のテスト!
テールライトは・・・


そしてヘッドライト・・・

見事に成功ですね!!
後はこれも車体に組み込んで・・・


完成です。。。

とまぁ、先ほどの白を使えばといった理由は、、、この光漏れ!!

白なら光が漏れても室内灯の光を補完する形になってくれるのですが、赤だと・・・

まぁヘッドライトからは黄色っぽく電球色の光がもれていますのでどの道、遮光対策はしないといけませんね!!

本来ならここで、編成写真と生きたいところなんですが、今の時点ではここまで!!
まだ編成全体をLED化するには大きな問題点が・・・

それはこの編成の電球が装備されている車両の位置に問題が、、、
連接台車の中間に電球が装備されているのは上で紹介しましたが、、、ってことは2両に1箇所ずつ・・・
でもこのHiSEは11両編成・・・親ってことで調べてみると

 1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車 9号車 10号車 11号車
     
             
   
   
   
              
     

という偏った構成で、3号車と9号車だけが右にも左にも、光の供給源がありません。
さぁどうしたものか・・・無理やり室内に配線して光をとろうかと思っていますが・・・

と思ったら、中古品で編成がひっくり返っていたようで・・・・

正しくはこのように配置できますね!!
 1号車 2号車 3号車 4号車 5号車 6号車 7号車 8号車 9号車 10号車 11号車
     
        
        
   
        
         
     

これで心配なくこの室内灯を量産すればOKですね!!
まだ先は長そうです。

面白くても、そうでなくても、↓是非一票を!!


↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!


コメント

No title

明けましておめでとうございます。
それぞれのお正月を過ごしていますね(笑)
LED化すごいですね~
見違えます!
光へのこだわりは、感嘆しています。
今年も、よろしくお願いします!

No title

あけましておめでとうございます。
昨年の札幌ではありがとうございました。
今年も撮影にNゲージと力が入りそうですね~(^O^)
本年もよろしくお願いします!!

No title

あけましておめでとうございます。

昨年は殆どコメントを残せれなかったのですが、自作室内灯の記事は非常に興味が湧きました。室内灯代が浮いた分、他に回すこともできますしね、、、

本年もよろしくお願いします。

No title

こんばんは

純正室内灯の取り付け構造、かなり複雑なんですね。
自作室内灯に「ナチュラルホワイト」使用とは、興味がそそりますね。

No title

八トタH43さん
コメントありがとうございます。

表裏一体は考えはよかったのですが加工はすこぶる難しく、、、表裏一体にはんだ付けしても、取り付けのときに、熱を加えるとはがれてしまいす。

結局は両方抑えながらの加工で、、、熱を加えてもはがれない接着剤で最初に付けておいたほうがいいかもしれません。

No title

志木鉄道さん
コメントありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ホビーセンターでもやってくれるのですね!でも高いですね。その値段だとちょっと出せそうになりませんorz

基盤をいじるより、基盤を別で作成しているので、失敗してもまた作り直しと思えば気が楽かもしれませんよ。是非チャレンジしてみてください。

私もまだこのあと、カシオペアあたりを考えています。あれも電球でしたからね。。。

No title

東京ライナーさん
コメントありがとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

KATO製HiSEはやはり貴重品ですので、基のものに手をつけるのはちょっとためらわれましたので、このような方法に・・・逆にこの方法が出来るのであれば他の製品も何でもできるってことなので、自身になりましたよ。この後にはカシオペアもLED化したいと思っています。

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます。

このHiSEはクリスマスに導入で、この正月の間、とても楽しませてもらいました。そのお値段込みで考えると本当にお買い得品だったと思います。

次はLSEが待っています。

No title

GREEN CARさん
あけましておめでとうございます。

あとは量産だけですね!!手間はかかりそうですが、HiSEは白色の室内灯が絶対似合うと思いますので、精力的に作業が出来そうです。
今年もよろしくお願いいたします。

No title

越後のシゴハチさん
コメントありがとうございます。あけましておめでとうございます。

昨年は札幌でお会いする事ができとても楽しい時間をすごせましたね。
私はいまもよく札幌に、、、今月も17、18と行きますので、できれば雪の中を疾走する列車を取りたいですが、、、寒そうですね!!しかも日も短いですし・・・年度末で仕事も・・・撮影は厳しそうです。

No title

こぶんさん
コメントありがとうございます。

ここのところの発売攻勢で予算が厳しくなってきましたので、自作に走ってしまいました。時間を考えたら購入のほうがいいのかもしれませんが、ない袖は振れませんからね。今後もいい方法があれば続けて生きたいと思います。

No title

かんちょさん
コメントありがとうございます。

ナチュラルホワイトなかなかですね!
色的にはかなり薄めの電球色といった感じですがLED特有の青味がなくていいかもしれません。今のところチップLEDでしかこの色は見かけていないので、使用は限定されるのですが、ちょくちょく使っていければと思います。

No title

お~っこういう構造だったのですね。
私だったら諦めてしまうのに、さすがですね~。
こうなるとなんだか、普通に室内灯を入れるだけでは物足りなくなるんじゃないですか?

No title

muffin milchさん
コメントありがとうございます。
順番がわからなくなり飛ばしてしまい大変申し訳ありませんでした。

改めてあけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
このLED搭載は標準でついてるのが電球だったので絶対やってみようと思っていました。できることはできるだけやってみようと思っております。今年もいろいろとやってみたいと思います。

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

このHiSEは久しぶりに気合が入りましたよ。
なにせLEDに換えてやれば美しくなるイメージがわいてしまったので・・・もっといろいろとやりたくはなりますがいまはここまでで・・・

No title

はじめまして。
大変参考になる素晴らしい記事です。ありがとうございます。
さて、そもそもなお話で恐縮ですが、この小田急Hiseって車輌の分解も独特のようで、私自身、どうやって分解すればいいのかわかりません。
ボディから、床板、おもり、イスなどにバラす方法をご教示下だけ無いでしょうか?よろしくお願いいたします。

No title

AnotherSkyさん
コメントありがとうございます。

この記事には特にばらし方を書いていないってことはそれほどは難しくないと思います。バラス方法は台車にとまっているねじをはずすことで全体がばらばらになりますよ。試してみてください。

No title

おはようございます。レスありがとうございました。
それがですね、なかなかはずれないので困っております。特に中間車です。ほかの車種・車輌がスパッと取り出せるのですが、小田急HiSEだけはなかなかはずれてくれません。

やりかたが悪いのかな?

No title

AnotherSkyさん
再コメントありがとうございます

確かに先頭車はヘッドライトLED化のためにばらしましたが、中間車は、ばらさなくても室内とうのLED化はできるのでばらしていないかもしれません。

しばらく小田急シリーズを出してないので近々出してみてみようと思います。

しばらくお待ちを。

No title

おはようございます。再レスありがとうございます。
是非よろしくお願いいたします。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links