記事一覧

EF65-530牽引 24系24型「富士」 室内灯装備

ようやく完成しました。準夕庵式による室内灯装備が・・・


これじゃ室内灯がよくわからないですね。。。電気を消してみましょう!!



長いですねぇ~、、、さすがフル編成の14両!!

これだけ夕庵式を造るのはやっぱり大変ですね。

こいつらを取り付けてやりましたが、取り付け部分がスズ線になっているのでマイクロの車両スプリング対応部分にはそのままでは取り付きませんが、、、

まずは車体を分解して、室内表現と床下を分離、、、ゴムを入れる部分に先ほどの室内灯の足を入れてやります。

あとはその足を車体に合わせて折り曲げてやり、油化したと合わせて組み立てれば取り付けの終了です。

この方がスプリングよりしっかりとはまってくれるので良いかもしれません。

これを13両(1両はサウンドつきカニjなのでなし)組み込んで・・・・完成です。


なかなかかっこいいですね。。。今度はヘッドマークをつけて見たいですね。

それでは最後にこの14両編成室内灯、サウンドユニットつき、、、我が家で一番重たい編成になるかと思いますが、これを4%超の勾配のあるレイアウトで牽引させてみました。結果は・・・ご覧ください。


どうでした、やっぱりパワフルですね。
しかしながらこの映像撮影に相当苦労しました。

機関車の牽引力はすばらしいのですが、これだけの長さがあるとやっぱり各車両の連結器にかかる負荷はすごく大きいらしく、下り坂では後ろから押されて、先頭側の車両が脱線したりします。

どうもマイクロのアーノルドカプラー自身もちょっと弱く台車が曲がってしまいますorz

いろいろ問題がありますね。やっぱり平坦なレイアウトが一番かもしれません。

面白くても、そうでなくても、↓是非一票を!!


↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!


コメント

No title

おはようございます。

13両分(カニ除く)の室内灯製作と取付け作業お疲れ様でした。
やっぱり室内灯の有無で車両の見た目もガラッと変わりますね。

マイクロやTOMIXの純正室内灯はバネ集電ですから、ビスタ2世さんの取った、スズ線の足を入れて集電板に接触させるのがいい方法かもしれないですね。これは大変参考になりました。

EF65-530もパワフルですね。14両しっかりと牽引できるので。
カニのサウンドも聞こえてきました。(#^.^#)

No title

室内灯綺麗ですね!
僕もまた量産していろんな車両につけてみたくなりました^^

やっぱりディテールだけではなく、牽引力も素晴らしいですね^^
レイアウトを作る際は、
平地で走りを取るか、勾配をつけて変化をつけるか、
しっかり考えないといけませんね^^;

No title

こんにちは。
ブルトレに室内灯を入れるのと入れないとではだいぶ違いますね。
我が鉄道のKATO製24系25形にも以前は入れていましたが、パワーパックの出力の関係でやめてしまいました。

No title

志木鉄道さん
コメントありがとうございます。

夜行列車は特に室内灯を入れたくなりますよね。でも、こんどは窓がフルであいているという事がないので、カーテンパーツや室内表現、乗客などを入れたくなってきます。20系はけっこう実施しているのでお気に入りの車両になりましたので、今度はこちらの24系でもやってみたいと思っています。

No title

マンディさん
コメントありがとうございます。

長編成を走らせたいと考えると、勾配は天敵ですね。
10両編成以下ならば問題ないんでしょうけれど、そして電車タイプなら2M化すればいいと思いますが、客車系は・・・

No title

こんばんは。
ついにできましたか!
お疲れ様です。
コンデンサーが付いているからちらつきがないですね。
うちのレイアウトではパワーパックの出力が足りないので室内灯をつけられません(涙)

No title

いずっくすさん
コメントありがとうございます。

長編成になると、電気容量を食いますからね。でも最近はLEDなので心配は少ないのではないでしょうか。それでも足りないときはハイパーDを使えばぜんぜん気にならなくなりますよ。

うちではパワーパック1台で、フル室内灯を2編成同時に走らせたりしています。

No title

おはよーぐるとさん
コメントありがとうございます。

パワーパックの出力は大事な要素ですよね。
うちではKATOのハイパーDを使っているのでその辺はまったく気になりません。電気容量の大きなこのパワーパックは出力だけではなく室内灯のちら津気を抑える効果もあるかのように思えます。今回の車両に関してはコンデンサーの力が大きい感じですが・・・

No title

こんばんは。

自作室内灯をフル編成装備されるとは、素晴らしすぎます!!
そしてお疲れ様でした。

動画も拝見しましたが、あまりの美しさに見とれてしまいました♪
僕も室内灯を自作するぞ~!なんて意気込んでいたのですが、まだ何もしておりません(汗)

No title

こんばんは

自作室内灯の山、一度作った者でないとわからない苦労がメチャクチャ伝わった来ました(遠い目)
上手い具合にマイクロさんの「青内装」にマッチしたようですね。これが、K社・T社の白内装に内装シート貼ると、青っぽい光になったりして、難しいんですよorz
私は「さよなら はくつる」に装備した時は、同様に床下に挟み込む方式を取りました。(車端部からです)

No title

まちゃけんさん
コメントありがとうございます。

さすがに13両分の室内灯を買うと、そこそこいい値段になりますからね。
この年末は車両にまわしたいと思いまして・・・・この連休明けには待ちに待った485が出てきますから、こちらでも10両以上の室内灯を必要としますから・・・かなり厳しいです。

そして動画のほうでもお分かりかと思いますが、明確にコンデンサーを入れているのでちらつきがかなり抑えられていて、、、線路のメンテもそこそこでもいい感じで走ってくれますよ。

No title

かんちょさん
コメントありがとうございます。

車端部からはいいかもしれませんね。
どうしても室内灯の裏側が暗くなってしまいますからね。

この後、年末に向けて新たな車両が入線しますが、今度はたぶん市販品になると思います。既存のものでまだ未装備のものはもしかしたらこの正月でがんばるかもしれませんが・・・やっぱり大変でしたよ。。。

No title

こんばんは

いつも記事を読ませていただいてます。

やっぱり室内灯があるとカッコイイですね♪
自分も室内灯をつけようか迷ったことがありますが、価格面とメンテナンス面で諦めました(汗
何よりキットから作ってる編成が多いのでこれらの処理も大変なので・・・

No title

こんにちは(^^♪
自作室内灯でもチラつきが無く綺麗に点灯していますね♪
やはりブルトレに室内灯は似合います!(^^)!
私もレイアウト製作が落ち着けば車両の方にも手を加えていきたいですね♪

No title

TN9011さん
コメントありがとうございます。

室内灯の取り付けはいいですが、走らせたときにちらついてしまうと、マイナスですからね。それにはレールや車両の清掃やら、かかっくだけでなくメンテが大変。。。私も昔、あまりにもちらつく車両があってその車両からははずした事もありましたよ!

No title

フォレストさん
コメントありがとうございます。

フォレストさんのペースでレイアウトを作製されていればあっという間に車両に突入しそうですね。
室内灯を着けた列車がフォレストさんの夜景レイアウトの中を走りぬける様子を早く見てみたいですね。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links