記事一覧

分解のコツと室内灯 【KATO】251系「スーパービュー踊り子」

さすがに10両もばらしているとつぼがわかってきました、、、つうかおそいって感じですが、せっかくだから皆さんのために・・・

実はすごい簡単の事でした。。。それは「幌」!!ここがすべてです。
それでKEYになる部分の写真を。。。


写真のような構造で、上下の車体をこの「幌の爪」で押さえられていました。。。
気がついたのは4両目あたり、、、分解するたびに幌が外れてしまっていて・・・・おかしな十もよくみてみると、この小僧である事に気がつきました。。。。もっと早く気がついていれば・・・

とはいえ、この「幌」をとっても簡単には外れませんが、取らないと馬鹿みたいに力が入ってしまって車体を傷つけてしまいます。。。。絶対に幌をはずしてから分解しましょう!!

コツってほどではなかったですね!!

それでは次に、大量生産した室内灯を・・・
今回使った材料は
① 曲がる基板ミニ 100×180mm 480円(1個当たり3円)
② 超小型ブリッジダイオード MB10M [5236]  10個 150円(1個当たり15円)
③ 広角3mm白色LED [0511]  50個 1800円(1個当たり36円)
④ チップ抵抗 430Ω 1個10円
⑤ はんだ(1個作製あたり1円)

で作製しました。
材料費は合計で1個当たり 65円になります。

手間暇を考えたら、、、買ったほうが楽ですね!!

それでは大量生産の過程を・・・・

1)曲がる基盤の切り出しです。


はさみで簡単に切れるところが、この基盤のいいところですね。
穴の数が4×4で切り出します。

2)ブリッジダイオードの取り付け


写真のように +・-の出力側の上がひとつあけて取り付けます。

3)コンデンサーを取り付けます。


ちらつき防止用のコンデンサになります。
これは整流された先になる用の取り付けました。

3)LEDを準備


写真のような形状で曲げておきます。

4)LEDの取り付け


上の写真のようにコンデンサの1つ下の段で、ブリッジダイオードの出力側ではんだ付けします。

5)通電検査


テスターを使って通電の検査をします。
※これはここだけに限らず半田付けをするたびに確認します。

6)足、抵抗ををつける


最後に足と抵抗をつけます。足になる材料は、切断したLEDの足を使いました。
片側はチップで以降で接続、もう片側ははんだブリッジでショートさせて接続しました。。。

7)点灯試験


あれ、いちばん右下の1つだけが・・・点灯しませんね!!
これをあとで修正して、、、、完成です!!

これを車両分作製しましたのであとは車両に取り付けだけです。

その模様は今深夜に記事に出来る予定です。

でも手間を考えたらやっぱり、室内灯クリアを使ったほうが楽ですね。

面白くても、そうでなくても、↓是非一票を!!


↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!


コメント

No title

こんばんは
室内灯の取り付けに、車体の分解お疲れ様です(*^_^*)
帆を外すのが早く分っていたら少しは早く出来てますね

この帆ですがMA社の製品はハズレ易くて無くなってしまうので捜すのが大変です。
KATO製品はきっちりと留められているのでそれも大変ですね

室内灯もお安く出来るのが嬉しいです。
室内灯が@100程度で買えたら前部に実装出来るのですが(笑)無理かな
KATO製だと買うか悩むところですね・・・

No title

こんばんは
作業お疲れ様です!

10両揃ったところが想像できるところまできましたね。私は手抜きしましたが、ここまでご苦労なされば、完成の暁には愛着が湧きますねぇ。

楽しみです!

No title

こんばんは

室内灯の自作、素晴らしいです。私も一度だけ自作を試みましたが、12両で6時間かかったため時間的に考えると、お金払ってでも買った方が良いという結論になっちゃいましたorz
室内灯標準装備からの変更だと、また変わってくるのかもしれませんね。

No title

こんばんは。
なるほど、キーポイントは「幌」だったのですね。
この「幌」外しは意外と簡単にいくのでしょうか? 写真を見ると上の方にツメがあるのでちょっと手強そうですが・・・。

室内灯の材料一覧と手順は参考になります。
モジュールの方をそろそろ手を付けないといけないので、それが一段落したら室内灯の交換を考えて見ます。

No title

こんにちは。

おぉ~!曲がる基盤大活躍ですね~!!
これだけのスペースで必要な部品を収めてしまうとは!恐れ入りました。
ウチのこの時代の室内灯も何とかせねば!と思っていまして、参考にさせていただきます!

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます。

室内等の装備は、自作では安くできますが、やっぱり手間がかかるので時間がとれない身としては、ちょっと辛いですね。

でもそれ以上に、財政が厳しいのでコレもありかと!

No title

うごさん
コメントありがとうございます。

昨日なんとか完成したのですが、疲れて撮影する気にはなれませんでしたよ。

いまから帰って撮影を始めようかと思います。
もうしばらくお待ちを!

No title

かんちょさん
コメントありがとうございます。

時間を考えると絶対かった方が、、、でもいまは金欠が酷いので、コレもまたありかと、、、

しかもこの車両はもとから標準使用のものは乗りませんから、どちらにしても手をいれないと、、、ということで今回は自作しました。

まだしばらく金欠が続くので、もう一編成くらいはこの方法でいくかもしれません。

No title

志木鉄道さん
コメントありがとうございます。

幌は上部の爪がある部分を手前に軽く引いてやると簡単にはずすことができますよ。力入れすぎは禁物ですが、全然、問題なく簡単にできますよ。

私も早くコレに気がついていれば、、、力ずくでは取れないはずですわ!!

ボディーさえ外れればあとはなんとかなりますから、是非ともチャレンジしてみてくださいね。

No title

まちゃけんさん
お陰さまで、この基盤も重宝させていただいています。

私はまだヘッドライト側はチャレンジしていませんが、近いうちにやってみようと思います。

室内灯はあるとやっぱりいいですよね。でも10両編成だと5000円位しちゃうんで、、、自作もいいかもしれませんね。明るさも気に入らなければ2LEDなんってのもできそうですからね♪

No title

10両分とは凄いです!
自作できるってところも凄いですね~。
おらも東海道沿線民なので『SVO』は欲しいのですが。。。。。
手に入ったら参考にさせていただきます(^^)

No title

まつぼっくり99号機さん
お褒めのコメントありがとうございます。

是非導入を、、、その際に参考にしていただければ、スゴく嬉しいです。

No title

こんばんは。
こんなに分解が難しい車両があるとは知りませんでしたよ。
これでうっかり壊したりしそうで怖いです。
室内灯自作は素晴らしいですね!!
やってみたいですが、時間かかりすぎて無理そうですorz

No title

な~るほど、ここが分解のカギだったんですね。

この車両だけ分解方法が異なると、製作コストにはねる気もしますが。。。。

そして、自作室内灯も凄いですね~。

確かに既製品を購入する方が手っ取り早く、時間の節約になるかもしれませんが、LED室内灯も在庫が枯渇する恐れもあるので、いざというときに、自作は役に立ちそうです。

No title

おはよーぐるとさん
コメントありがとうございます。

標準で室内灯も装備されていますからね。通常は中を開ける必要がない車両なので、このような構造になっているのでしょうね。

自作はやはり時間がかかりますから、手間暇を考えたらやはり市販品のほうが、、、ですがこの車両の場合は市販の室内灯は取り付かないので、どの道手を入れないと・・・・ということで、購入から2年近くたってようやく交換に踏み切れました。

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

自作はやはり大変ですよ。やっぱり手間暇を考えたら購入してきたほうがいいですよね。

でも、コンデンサなど仕掛と自分で取り付けられるので、ちらつき防止なんかでも効果が上がりますよね。時間があれば自作もいいかもしれません。。。年末はかなり金欠なので、正月は内職的に自作室内灯を延々と作るかもです。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links