記事一覧

第7章 青函トンネル -「北斗星」乗車日記-

函館を出発してしばらくたつと、北海道ともお別れ・・・そうです、青函トンネルで本州は青森に渡ります。

この写真は「竜飛海底駅」です。
 
実は吉岡海底駅はロビーカーで見ていたのですが、ロビーカーからはよく見えませんでしたね。。。
もちろん撮影も、、、あまりよく映りませんでした、、、、が、このロビーカーでは普通の電車では味わえない北斗星ならではの・・・
 
それは乗務員さんが親切にいろいろと質問に答えてくれました。。。
乗務をお邪魔して申し訳ありませんでしたが、いやな顔ひとつせずいろいろと教えてくれました。
 
その中で気になったのが「北斗星」の今後です。
やはり、北海道新幹線の新函館まで開業になる2015年にはなくなるだろうと・・・
 
理由はやはり車両の老朽化。。。
 
まぁ確実な発表があったわけじゃないのであくまでもそうなるのではとのことですが、、、もしかしたら新型車両が作られる可能性がないわけでもないかも・・・
 
いづれにしても言える事は、24系25形の「北斗星」に乗車できるのはあとわずか・・・ってことになります。
 
話がそれましたが、、、、こういう話をしている間に吉岡海底駅を通過しました。。。が、、、ここは海底で湿度が100%窓も曇りますし・・・外がよく見えませんでした。。。。
 
そしてトンネルの最深部・・・ここでは青の蛍光灯4本続き、、、最深部には緑の光が、、、そしてまた青が4本
ここが青函トンネルの最深部だ同です。。。。
 
残念ながらうまく撮影が出来ませんでしたが・・・
 
これを反省に、、、竜飛海底駅の撮影は場所を移動、、、、ちょうどDD51にかぶりついていた場所が、、、函館-青森間では最後尾になっているはずですのでいってみました。。。
 
すると予想通りいい映像が撮れました。。。ご覧ください。
 
 
いかがでしょうか、、、、はっきりと移ってますねぇ、、、海底駅が。。。
 
一方で、、、失敗したほうの吉岡駅のほうの映像も・・・ご覧ください。
いやいや、、、ちょっと見えずらいですが、、、ロビーカーでのひと時もすごく楽しく過ごせました。
 
 
↓「北斗星」乗車の模様を紹介しているブログです。↓
第0章 はじまり → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30457769.html
第2章 車内紹介 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30495970.html
第3章 被りつきDD51 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30514316.html
第4章 たそがれの景色 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30534436.html
第5章 グランシャリオ → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30442416.html
第6章 函館 機関車交換 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30553003.html
第7章 青函トンネル → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30570325.html
第8章 グランシャリオで朝食を → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30588097.html
第9章 最後の機関車そして到着 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30608844.html
↓ぜひ一票お願いします。。。。

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!

コメント

No title

青函トンネルの映像が見れるとは思いませんでした。
このトンネルに入ると北海道ともお別れになるので淋しい気分になりますよね
連れが青森出身ですので青森から函館にも行く時に海峡線に乗りましたが確か海峡駅に停まったと思います。
ガラスが曇るのも乗車しないと分からないですね。
このトンネルの間に色々考える時間も有りますね(#^.^#)

No title

こんにちは

考えてみると、新幹線が延伸されると在来線は廃止という話しでしたね。内部の工事に半年はかかることを考えると、来年か再来年に廃止される可能性も高いですね、出来れば青森止まりで良いので残して欲しいところですが、微妙ですね。

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます。

ついに北海道から離れてしまいましたが、道のりはまだまだ長いです。窓はものすごい湿度で一気に曇ってきますよね。

中では40分以上も時間があり、ロビーでもいろいろな人と会話が出来ましたよ。

No title

かんちょさん
コメントありがとうございます。

在来線廃止という話もありましたが、現状は3軌線で在来線へこうで走るようです。やっぱりここまで多くなっている貨物輸送はなくすことが出来ないのでしょうね。

なので少なくともカシオペアはまだ残るだろうとのこと!!
北斗星は車両の老朽化ですよね。トワイライトは・・・微妙なところらしいです。

No title

こんばんは。

2015年なんて、すぐにやってきそうですね~(汗)
車輌の老朽化は仕方がないにしても、「北斗星」も「トワイライト・エクスプレス」もずっと走り続けて欲しいものです。

海底駅の動画、拝見しました~
僕も見ようと思っていたのに寝てしまった!というのを思い出しました(遠い目)

No title

まちゃけんさん
コメントありがとうございます。

九州の寝台が成功してくれれば、また新が阿多の客車が登場するかもしれませんね。それでもやっぱり、24系の老朽化はとまらないと思いますので、、、どうやっても乗車できるのは後わずかなんでしょうね。今のうち出来るだけ乗っておきたいですね。

No title

画像拝見しましたが、海底駅は結構ホーム長いのですね。
うちのTVは、無線LANに接続して、YouTubeが見れるのですが(今どきあたり前でしょうか???)、画面の大きいTVで見たら、海底トンネルの走行は、かなり迫力がありましたよ。
お互い、次にこのトンネルを通るのはいつになるでしょうね。(私はこの先もまったく予定ありませんが。。。。)

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

大きなテレビでは見ていないですねぇ。。。うちでは家のデスクトップPCが2台ありそれぞれが大画面のTVをモニタとして使っていますが、、、普段からノートPCをメインに、外出した際もモバイル環境で使っているため大きな画面で見たことがなかったりします。

今度大きな画面で見てみたくなりましたよ。確かに一応はHD画質で撮影していたので・・・

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links