記事一覧

第6章 函館 機関車交換

グランシャリオでの食事を終えしばらくすると函館に到着です。
ここでは機関車がDD51の重連からED79へ交換されます。。。
イベントが続きますね!!本当はもっと明るければ写真にいっぱい収めたものがあったのですが、、、
なかなか暗くていい写真が取れませんでしたが、我慢してみてくださいね!!
 
そして列車が函館駅へ滑り込み、ドアが開きました。。。。

そして目的の先頭へ!!
ここまで運んでくれたDD51です。

やっぱり重連は迫力があります。
 
そしてよくわかりにくい映像ですが、、、連結が外れます。
すいませんよくわからない映像になっちゃいましたね
 
 
そして今度は後方へ、、、

こちらではED79の連結が行われていました。。。
もちろん、ついたときのはすでの連結が終わってい余したね!!
 
典型的な 「二兎を追うもの一兎も得ず!!」 ですね。。。
 
ちょっと計画が甘かった。。。どちらかをしっかりと狙ってとるべきでしたね!!今度は反省を生かすことにしましょう。。。。って今度があるのかなぁ???
 

こうやって先頭に立ったのがこちらの機関車です。

ED79 20号機 昭和63年の日立製作所製ですね!!
 

ヘッドマークは両側に付けられていますね。
しかしながら逆側はカニですから、中からの撮影は出来ませんね。
 
そしてこれまでっ最後尾だったカニ、、、、

乗務員室のの機材がきれいに映し出されていますね。
これはかなりエヌ小屋の室内シートと近いのではないでしょうか。
 
いやぁ~、、、函館面白そうなところですよね。。。
この後、期間謝意惹かれて発車していきましたが、車窓から見えてくるのは海に向かって延びるホーム。。。そしてその周りにある機関区や車庫たち!!一度昼間に訪れてみたいなぁと強く感じました。。。
 
残念ながら夜暗くてまったく写真には写ってくれませんでしたが・・・・列車は一路青函トンネルを目指します。
 
 
 
↓「北斗星」乗車の模様を紹介しているブログです。↓
第0章 はじまり → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30457769.html
第2章 車内紹介 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30495970.html
第3章 被りつきDD51 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30514316.html
第4章 たそがれの景色 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30534436.html
第5章 グランシャリオ → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30442416.html
第6章 函館 機関車交換 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30553003.html
第7章 青函トンネル → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30570325.html
第8章 グランシャリオで朝食を → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30588097.html
第9章 最後の機関車そして到着 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30608844.html
↓ぜひ一票お願いします。。。。

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!

コメント

No title

こんばんは。

ED79牽引の「北斗星」はなかなか見ることが出来ないだけに貴重ですね~
それに、赤い交流機との組み合わせはいつ見てもカッコいいです~

列車の撮影、ある意味「一期一会」かもしれないですね♪
僕も「しまった~!!」と思ったことが何回あったことか、、、(涙)

No title

おはようございます

どちらかというと、最近入線(4月)させたED79が気になってしまいました。意外と写真がネット上に無いんですよね。

その前に北斗星色のDD51も入線させないと・・・。

No title

こんにちは

津軽海峡線用のED79も魅力有りますね
一台KATOの古いのが有ります(*^_^*)
函館の機関車切離し場面も良いですね作業員が慣れた手つきで手際良く処理してますね。

日頃は小田急線でしか見た事ないので楽しめました(*^_^*)

No title

まちゃけんさん
コメントありがとうございます。

函館-青森間だけですからなかなか見られませんよね。北斗星のヘッドマークがまたよく似合っていますし、すごく似合ってますよね!!やっぱり模型がほしくなってきましたよ!!!

No title

かんちょさん
コメントありがとうございます。

なかなか写真がとりにくいんですよね。やっぱり函館駅に10時ごろ、、、青森駅についたときにはもう駅はしまっている時間ですから、しかも函館駅もED79はホームかなりぎりぎりで、一眼レフでは収まりきれませんでしたので広角のコンデジを・・・

しかも出発側は改札と逆側ですごく暗くなっていましたらから・・・なかなかきれいに撮影が難しいです。そんな理由でネットでの写真も少ないのではないでしょうか。こんな深夜だと沿線での撮影はほぼ不可能でしょうし・・・

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます。

本当は開放の様子映像で収めたかったのですが、DD51のほうに行ってしまい、戻ったときにはとき既に遅く・・・ED79はつながっていました。うむ~んほしくなってきたぞ!!ED79

No title

函館駅での慌ただしい解結&連結の様子が分かりますよ。
(しかも同時にやるんですね~)
重連のDD51から、短いED79へのバトンタッチ、考えてみると機関車の車長が全然違うのが面白いです。(それだけED79はパワフルなんでしょうか?青函トンネルは中心部に向かって、上下勾配が結構あるとのこと)

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

そう、同時なんですよね。困ったことにちゃんとどちらかを狙っていかないと、私のような二兎を・・・って状態になってしまいます。

ED79はパワフルというより特殊な感じみたいです。
青函トンネルの勾配自体は12‰と程々なんですが、、長い、、、ずっと勾配が続く、、、そして書いていってことで湿度が・・・こんな中で納涼区を発揮し続けられるような仕様になっているようです。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links