記事一覧

裏2章 車内紹介 -「北斗星」実写と鉄道模型比較-

「裏」ということで、今夜は鉄道模型 
KATO10-831/832 24系 寝台特急「北斗星」〈デラックス編成〉
をお送りします。

この模型の編成は、、、
1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車11号車12号車
DD51DD51オハネフ
25
オハネ
25
オハネ
25
オハネ
25
オハネ
25
スハネ
25
スシ
24
オロネ
25
オロハネ
25
オロハネ
24
オハネフ
24
カニ
24
110011412562563566552503505505502553215505
となっています。
第2章 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30495970.html で紹介の編成のうち3号車と5号車が同じ車両でした。ちなみに機関車は・・・別番号でしたね。
それでは1号車から順番に紹介していきたいと思います。
1号車 オハネフ25 2

JR北海道車両のBコンパーメントで4人で使うと個室になります。
残念ながら模型ではコンパーメントさは表現し切れていません。

別途の色も北海車が柔らな藤色・・・と考えるとこの車両の別途の色づけは東日本の色になってしまっていますね。
ちょっと修正を計画しないと・・・

 
2号車
オハネ25 562
2人用B個室寝台「デュエット」車です。

乗車した編成は2号車も開放寝台となっていましたが、模型のデラックス編成ではここも個室にっています。

これは次の3号車と同じ形式になります。
 
3号車
オハネ25 563
2人用B個室寝台「デュエット」車です。これもオハ14形の改造車のようです。

通路の色は実車の写真とよく似た感じでかなりいい出来です。(ドアはもう少し白めですかね。。。)

客室側は・・・

この室内の色も東日本ですよね。

エヌ小屋さんにもこの辺まで忠実に再現をお願いしたいところです。
 
4号車
オハネ25 566
これも2、3号車と同じで、JR北海道の2人用B個室寝台「デュエット」車です。


 
5号車
オハネ25 552
1人用B個室寝台「ソロ」車です。ここは今回乗車の編成と同じ番号の車両でしたね。

ここも3号車と同じで、廊下側のイメージは文句なしです!!

ですが、個室側は・・・

ハレーションで室内がよく見えてませんでしたが、やっぱり東日本の色ですね!!
実写では、、

やっぱり藤色のJR北海道車両です。
 
6号車
スハネ25 503
1人用B個室寝台「ソロ」「ミニロビー」「シャワー室」の合造車です。

乗車した502番と違いオハネ14からの改造で自販機がデッキにあるタイプのようです。

個室側はやっぱり東日本の別途色ですね。。。
 
7号車
スシ24 505
ご存知「グランシャリオ」の愛称がついた食堂車です。

ランプシェードの明かりがとても美しいですが、室内灯がつけられないため、廊下が暗くなりすぎてよく見えません。

木目調の暗めの色なのでちょうどいいのかもしれませんね。
 
8号車
オロネ25 505
2人用A個室「ツインDX」寝台車です。

車両はJR東日本所属ですが国鉄時代のものなので、廊下の色はどちらかというとJR北海道に近い色ですね。

下の実写の写真は506番のものですが、見比べる限りはどちらも同じ色合のようで、模型はよく出来ています。
 
客室は

JR東日本の編成で色合い的には・・・赤っぽいシートなのでまずまずかなぁ~

ただ模型にあるような別途の背もたれっぽいものはこの写真では見当たりませんね。
 
9号車
オロハネ25 502
1人用A個室寝台「ロイヤル」・1人用B個室寝台「ソロ」合造車。ここからは所属も仕様もJR東日本です。

模型ではちょっと黄色っぽいドアです。

実写のドアは特に壁の色と変わりがある感じはしませんね。
 
個室側は

模型でも東日本らしい茶色のベットです。

ただし実車ではも少し色の薄い黄土色っぽいものなので、、、若干気になりますね。
これは501番と502番の違いなんでしょうか・・・
 
10号車
オロハネ24 551
1人用A個室寝台「ロイヤル」・2人用B個室寝台「デュエット」合造車です。

先ほどの黄色っぽいドアの件はありますが、、、まずまずの感じですよね。

 
個室側は・・・

ここの表現は模型も見事にいい色合いが表現されているようですね。(窓からちょっとしか見えてませんが・・・)

よく表現できていると思います。
 
11号車
オハネフ24 215
開放の2段式B寝台です。

ベットの色合いは茶色ですが、

しまった。。。11号車のベットの色がわかりませんね。。。
カーテンは北海道と似た感じの藤色っぽいですが、、、、今度上野に見に行くしかなさそうです。
  
以上が北斗星全車両内を比較したものです。
全体的にはよく出来ていると思いますが、JR北海道車両の室内表現が気になりますよね。
 
今回の室内表現はエヌ小屋さんの室内表現シートを使っています。更なる改善をお願いしたいところですね!!
 
 
↓ぜひ一票お願いします。。。。

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!

コメント

No title

こうして比較すると
工作意欲が掻き立てられますね。
実車と比較しないとエヌ小屋さんのシートは
完璧と思っていたのですが・・・
でも、この小さな世界では贅沢な悩みかもしれませんね。

No title

こんばんは
非常に分かりやすく比較できました。
うちのTOMIX北斗星の参考にさせていただきます!
150分の1とはいえ、拘れば拘るほど見映えは良くなりますよね!

No title

こんばんわ^^
Nゲージの寝台特急はこんなに細かく内装が表現されていたんですね♪実車も乗りたいですがNゲージから欲しくなりました^^
室内灯は絶対条件になりますね☆

No title

こんばんは。

実物の模型の対比、なかなか興味深いですね~
現行編成は、TOMIXの東日本仕様と北海道仕様を組み合わせたら作れるな~と思っていたのですが、KATOのデラックス編成はロビーカーの窓が横長のやつだったのですね~
コレはヤバいものを見てしまったような気がしますよ~(汗)

No title

こんばんは!
実車と模型の解説は凄くわかりやすいですね。
これを見てしまうと今度出る,KATOのHO24系が欲しくなってきました。釜も買っちゃたし・・・!

No title

内装を拘ると、このあたりちょっと気になりますね。
実車の藤色がなかなか良い感じなので、これは再現したいですね。
全般的に見て、通路側はなかなか良い感じな気がしますが。。。。

No title

muffin milchさん
コメントありがとうございます。

やっぱり比較してみるといろいろと違いが見えてきてしまいますね。廊下側はかなりよいのですが室内はちょっと違っているようですね。まぁそんな雰囲気が味わえれば十分ではありますが、見てしまうといじりたくなるのも事実です。

No title

うごさん
コメントありがとうございます。

完全に再現はNでは難しいかもしれませんが、窓から垣間見られる少しだけでも表現できればと思います。参考にしていただければとてもうれしいです。

No title

Premiumsさん
コメントありがとうございます。

エヌ小屋さんの製品をつけることで室内表現は格段に向上しますよ。最近は客車は室内灯とこのエヌ小屋シートが必修になっちゃいました。

No title

まちゃけんさん
コメントありがとうございます。

この比較でいろいろとエヌ小屋の問題点なんかも見えてきました。廊下側はかなり精度がいいが室内は・・・とはいえ自分で作るのは大変なので雰囲気重視ってことでこのままでいいことにしますが・・・

ロビーカーの違い見てしまうと危ないですよね。
私も気になり始めたらどうしても手に入れたくなっちゃいますから、気持ちお察しします。

No title

ゆうさん
コメントありがとうございます。

釜をあるのならやっぱり客車も・・・HOではすごく迫力のあるそして細かな表現が実現したものが出来るのでしょうね。そうなると室内の情報ももっと多く必要になるのでしょうね!!

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

廊下側はほぼいい感じですけれど室内がこれほど異なっていたとは、、、北海道編成のほうはまるで見ていないかのごとくで、少し驚きましたよ。

No title

おはようございます。

模型の各車両と室内の対照、非常に興味深かったです。なるほど、北海道持ちと東日本持ちで室内の色合いなどが違うのですね。
ただ、模型の車両に室内灯&室内ステッカーが入ったことで、実車の形式写真を見ているようでした。ポチです!

No title

だいや96号さん
コメント&ポチありがとうございます。

比較してみるとエヌ小屋のシートの違いなど、いろいろな事が見えてきました。つぎはカシオペアでやりたいですが、 基本的に二人部屋ですし、B寝台がないだけにハードルが高いです。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links