記事一覧

第2章 車内紹介 -「北斗星」乗車日記-

夕闇迫る札幌を離れ、日が一番長くなるこの時期、しばらくは景色を楽しめます。
そんな中、でグランシャリオで食事がよかったかなぁと少し後悔しながら、列車内を回ってみました。
 
まずは全体の編成からご紹介したいと思います。
今回乗った車両の編成は、、、
1号車2号車3号車4号車5号車6号車7号車8号車9号車10号車11号車12号車
DD51DD51オハネフ
25
オハネフ
24
オハネ
25
オハネ
25
オハネ
25
スハネ
25
スシ
24
オロネ
25
オロハネ
25
オロハネ
24
オハネフ
24
カニ
24
113811401550156356455250250750650155114508
となっています。
それでは1号車から順番に紹介していきたいと思います。
 
1号車 オハネフ25 15
JR北海道車両のBコンパーメントで4人で使うと個室になります。

JR北海道の車両は明るめで、室内に清潔感がありますよね。
 

別途の色もカーテンも柔らな藤色で・・・いい感じですね。昔の開放型B寝台と構造的には変わらないですが、ここに扉をつけることでこうまで変わってくるとは。すばらしいですよね。
 
2号車
オハネフ24 501
14系500番台からの改造で車掌室があります。貫通扉輪開かれており表示幕は白でした。

この車両はコンパーメントにはなっていませんね。通常の開放B寝台です。
別途の色やカーテンは1号車に準じているようです。ここの業者にはちょうど団体さんが入っていたため別途の写真が獲れませんでした。
 
3号車
オハネ25 563
2人用B個室寝台「デュエット」車です。これもオハ14形の改造車のようですね。

通路も明るくてきれいですね。
室内は

ここのように白を基調とした清潔なイメージですね。
同じく2階側は

となっています。
 
4号車
オハネ25 564
これは3号車と同じですね。JR北海道の2人用B個室寝台「デュエット」車です。

 
5号車
オハネ25 552
1人用B個室寝台「ソロ」車です。オハ14形の座席を取っ払って個室にしたそうです。

通路の感じは、デュエットと違って扉の数が多いので取っ手が目立っているようです。
室内は

やはり東日本しゃりょうとちがったふんいきですねぇ。こちらも一度乗ってみたいなぁ~
 
6号車
スハネ25 502
1人用B個室寝台「ソロ」「ミニロビー」「シャワー室」の合造車ですね。

B個室寝台の感じは5号車とまったく同じですが車両の半分から先にミニロビーがついています。

ここには自動販売機もありますし、お弁当を食べている人などがあり、ビデオが流れ、ゆっくりとした時間がすごせます。
そして脇には

シャワー室があります。
このシャワー室を利用するには隣の食堂車でシャワー券を購入します。
 
7号車
スシ24 507
ご存知「グランシャリオ」の愛称がついた食堂車です。

481系や489系特急の食堂車が廃止され、余剰となったサシを改造して作られたようです。
この車両はサシ489 7~改造されました。
 

半分近くが厨房でその脇に通路がありますが、こちらの通路は木目調の落ち着いた感じです。
 
8号車
オロネ25 506
2人用A個室「ツインDX」寝台車です。

ここからJR東日本の編成のようですが、通路の感じはJR北海道の車両のようですね。
室内もどちらかというと北海道っぽい感じがしますが・・・

作られたのはJRになる前の国鉄時代のようですから、この辺の差はないのかもしれません。
 
9号車
オロハネ25 501
1人用A個室寝台「ロイヤル」・1人用B個室寝台「ソロ」合造車ですね!

真ん中に扉がありA寝台とB寝台が明確に区切られています。
この写真ではちょうど人がいる辺りですね。この茶色の感じがJR東日本車両って感じがしますね!!
 
室内はA寝台はすぐにいっぱいになり撮影できませんでした。残念!!
そしてこちらが1人用B寝台個室「ソロ」です。

やっぱり北海同社とちょっと違う雰囲気ですね。やっぱり別途の色が茶色なところが印象を変えているんでしょうね!
 
10号車
オロハネ24 551
1人用A個室寝台「ロイヤル」・2人用B個室寝台「デュエット」合造車です。

こちらはA寝台とB寝台が真ん中で仕切られていませんね。
 
室内は

これがA寝台の「ロイヤル」・・・一人用とは思えないですね!!
 
そしてこちらが

二人用B寝台の「デュエット」 2階部分と

1階部分ですね。 色合いは違いますが、JR北海道車両のそれと似ていますね!!
 
11号車
オハネフ24 14
2段式B寝台です。

こちらの東日本車両はコンパーメント化は図られていないようですね。
 
以上が北斗星全車両内でした。。。一部撮影が出来名ところもありましたが、おおむね全部取れたと思います。
写真が多く容量ぎりぎりいっぱいになっちゃいましたね。
 
いつもより小さめの画像にしま下がいかがだったでしょうか、、、扉の鍵や貫通扉のヘッドマークとか・・・のせたいものはまだあったのですが、またいづれ・・・
 
↓「北斗星」乗車の模様を紹介しているブログです。↓
第0章 はじまり → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30457769.html
第2章 車内紹介 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30495970.html
第3章 被りつきDD51 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30514316.html
第4章 たそがれの景色 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30534436.html
第5章 グランシャリオ → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30442416.html
第6章 函館 機関車交換 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30553003.html
第7章 青函トンネル → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30570325.html
第8章 グランシャリオで朝食を → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30588097.html
第9章 最後の機関車そして到着 → http://blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/30608844.html
 
↓ぜひ一票お願いします。。。。

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!

コメント

No title

こんばんは。

1号車のコンパートメントになっているB寝台、20年前に乗った「トワイライトエクスプレス」がこんな感じだったので、懐かしい感じがしました。
今はもう、全室ロビーカーは繋がっていないのですね~

No title

おはようございます
これはこれは撮影お疲れ様でした!
とても参考になる画ばかりでした。一緒に車内を移動してる気になってしまいました(笑)
次章も楽しみにしてます!

No title

おはようございます
北斗星も車両が一本化された事で車内の様子も変わりますね。

旅行で乗るならロイヤル辺りに乗りたいです(*^_^*) 願望ですが(笑)

乗車レポート写真付きで雰囲気が良く伝わりました。
グランシャリオの豪華さは格別ですね
フランス料理コースもお値段が良いのでかなりの投資になりましたね(*^_^*)
皆で分担ですね(笑)

北海道からの下りでなければ写真も撮れないでしょうね。
明日がまた楽しみです(*^_^*)

車内紹介にmp☆ぽちッと

No title

また乗りたくなりましたよっ!

No title

こんばんわ^^
いや~・・・撮影&解説お疲れ様でした♪
とても良く伝わりましたよ~☆乗った気分が味わえました^^
是非とも乗ってみたいですね。
カタログ以上の解説にポチ☆

No title

はじめまして。7月に札幌発の北斗星に乗車致します。残念ながらロイヤルは満席で北海道車ソロになりました。写真や動画等、非常に参考になりありがとうございます。駅弁持ち込みとパブタイム狙いで旅情を楽しみたいと思います。

No title

うごさん
コメントありがとうございます。

実際に見てみて真似できるところは模型にも反映していきたいですよね。

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます。

ロイヤルはやはり格別ですよね。一度は乗ってみたいですが、、、料理のほうは何とかありつけたので、今度はパブタイムのビーフシチューが食べたいです。

No title

琺瑯タイプさん
コメントありがとうございます。

ぜひ乗りに行ってください。たった半日のことですがいろいろなことがありとても楽しめるともいます。

No title

Premiumsさん
コメント&ポチありがとうございます。

私も自分の記録と同時にいろいろ思い出しながら書いております。それと同時に皆様にも乗った感じを伝えられたら、、、そして一人でも多くの人が乗りたいと思ってくれて、実際に乗車、、そして寝台列車が発展してくれればと、、、ちょっと壮大ですね。

そんな気持ちで書いています。

No title

ken*ou2*01さん
はじめまして♪
コメントありがとうございます。

参考にしていただければ大変うれしいです。

まだ第2章なので、この後も2日に1章つづ記事を書いていく予定ですので、ぜひご覧になってください。

No title

おはようございます。

北斗星は、いつも帰宅ラッシュ時にホームに入線し、垣間見える室内に憧れていました。車内、このようにじっくりと見たことが無かったので、こうして画像で見ることが出来て嬉しく思います。

本当に高級ホテルのような雰囲気ですね。絨毯や壁、ライト類に至るまで、素晴らしいです。

追って続編もゆっくり見させて頂きます。ポチです!

No title

ん~同一編成の車両とは思えないバリエーションですね。
これは、乗車する時の参考になりますよ。

私はきっと、車窓をずっと眺めて終わりそうなので、『ビスタ2世』さんのバイタリティに脱帽です。

ささやかな感謝の気持ちをこめて『ポチ』いかせて頂きます。

No title

だいや96号さん
コメントありがとうございます。

帰宅時にいつも見られる環境がちょっとうらやましいです。
今回乗車してますます北斗星が好きになりました。

内装は豪華で高級感ありますが、やはり古さは否めなくなってきています。そんな中、車掌さんとも会話をしたのですが「この北斗星は札幌新幹線開業後はなくなる・・・」という寂しいもの。

もうしばらくは楽しませてくれるとは思いますが、、、いつまでもがんばってほしいものです。

No title

南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

変なところで関西人気質が・・・「乗ったからには元とったらな・・・やれること全部やらな損!!」的な考えになってしまいます。そしてまぁこの記事を書くことも想定しているということも大きいかもしれません。

ポチありがとうございます♪

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links