記事一覧

自作ユニバーサル室内灯!! オハネ25 513にて

まだやっていたのか・・・という声が聞こえてきそうですね。
むしろようやく、始められたといったところ。
 
過去のには、

タイトル日付
 2012/1/16(月) 午前 4:35
 2012/1/8(日) 午後 10:02

こんな感じでした。。。
特に、個室の多い車両などではなかなかうまくいきにくい感じですね。
 
今回は、これらのことを元にどのような車両にでも使えるような
ユニバーサル室内灯なるものを、、、、
 
それではさっそく、、、元の状態は・・・

こんな感じですね。。。
今回のテスト車両は「トワイライトエクスプレス」 オハネ26 513です。。。

こいつは個室が多く、ダブルデッカー!!  ↑の写真を見ていただければおわかりかと、、、2階部の窓が導光パーツで埋め尽くされていますね。。。この室内灯はKATO純正の新LED室内灯、、、パーツ自体もかなり薄いはずなんですが、この状況です。
 
これを解消するため、「激光室内灯」を用いましたがやはり個室には対応が難しく・・・そして高コスト!!
 
これを克服するために、今回の自作室内灯作りはこれを解消するのが最大の狙いです。
 
で、、、室内灯を撮影する前に、やはり室内を飾らないと・・・

いつものエヌ小屋さんのシートですね。。

さすがに室内が細かすぎるので、若干効果は薄いかもしれませんが・・・
 
それではさっそくオリジナル室内灯を作ってみましょう。

曲がる基板の切り出しからですね。
これは前回のものと違い両面に金具があるものにしました。。。
 
これに、ブリッジダイオードを取り付つけます。

とりあえず借り止めで足を曲げて起きます。
そして、、抵抗は430Ωを取り付けました。これは前回560Ωで複数のLEDをつけたときちょっと暗くなった気がしたので・・・ちょっとだけ下げてみました。
そして、

ラインに沿って針金を、、、この針金には交互にプラス・マイナスになるようにしています。もちろんそれぞれが触れないように、、どうしてもラインが一部かぶってしまいますので、そこはリード線で結びました。
 
これにより裏側のどこの部分にもLEDを取り付けることができます。
ちょっと簡単な説明でしたが・・・これで完成。。。

見事な輝きですね
 
でもこれではやはり個室一つずつには光がいかないので・・・

タミヤのプラ棒 丸2mmを取り付けました。
前回は、、3mmを使ったのですが、大きすぎで、、、

おおー明るい。。。が・・一番左端の部屋が・・・でもまぁ合格点かな・・・
 
あとはダブルデッカー部分が導見えるかです。。さっそくボディーを取り付けてみます。

合格点ですかね。一応2階部分の窓がふさがれるってことはなさそうです。
ちょっと明るすぎですかね。。。
ちょっと角度を変えてみます。

やっぱり左端が・・・
 
廊下側は・・・

こちらも合格点の明るさですね。
 
いかがですね。
やっぱりもう少し暗いくらいじゃないと、、、雰囲気でませんかねぇ~!!
 
 

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!! 
 

 

コメント

No title

おはようございますm(__)m
完成の室内灯の明るさにびっくりです。
抵抗を470Ω辺りではどうなりますか?

この曲がる基板ですと駅ホームの照明にも使えますね!
やはり室内灯にはコストを掛けられないのでお安く大量生産出来るとたすかります。
何時も為になる情報ありがとうございます(^-^)/

No title

こんばんは

KATOのトワイライトは第3編成だったんですね。私が大阪駅で見たのも網干の検査入場(今度記事書きます)の車輌も第3編成なので興味深いです♪
実車を見た感じ、結構車内は暗いですね。外からはどんな部屋なのか分かりません。廊下もまた然りです。そもそも窓にスモークがかかっているのが原因でしょうか?!
自分の集めている「富士」も6両と短いのでいつか室内シートを取り付けて室内等も付けたいなぁ~と思っていますが、このオハネ25と同じ事情を抱えているオハネ15-2000(ソロ)がありますので。参考にさせていただきます^^

針金でどこにでも自由に配置できるのはブレッドボードの構造に似ていますね。

No title

こんばんは。

まずは曲がる基盤ですが、ハサミでザクザク切る感覚が伝わってくるようです。私も試してみたくなりました。

室内灯ですが、やはり各個室に光が伝わるものですね。光の強さは個々の好みにもよるかと思いますが、テーブルに反射する様子がキレイに見えますよ~。

No title

こんにちは。

おぉ~!!これは素晴らしい!!
やはり自由に創れる自作室内灯にかなうものはないな~と再認識しました♪

曲がる基盤、大活躍ですね♪

No title

こんばんは

ユニバーサル基板の自作室内灯、これは凄く明るくてなおかつ自由配置が出来ていいですね。(ポチ)
もし、ちらつきが発生する場合は、ブリッヂダイオードよりLED寄り(±が決まっている)に1ufぐらいのチップコンデンサ(KATOさん機関車タイプの茶色)を追加するといいかもしれません。

問題は、時間と根気ですね。私は逆に時間が取れない為、室内灯の大量購入になりましたorz

No title

こんにちは
いつもながら内装の作り込みや照明取り付けなど感心します。。。
愛着が湧きますよね!
ぼちぼちトワイライトフル編成の走行画像などお待ちしています!

No title

Popeyeさん
コメントありがとうございます。

駅の照明かは実はすでに実現済みでして・・・
http://m.blogs.yahoo.co.jp/ymg_tks/23965670.html

現在は配線関係の見直し工事に入ったままお蔵入りになっていますね。いつものように材料だけ買ってそのままに・・・

抵抗は470オームで空きしだけ暗くなるくらいで問題ないです。560オームをで若干暗くなる程度、、、今回はちょっと明るすぎの感じなので抵抗を560に変えるかもしれません。

No title

工場長さん
コメントありがとうございます。

第3編成なのでTOMIXともかぶらない、、、この辺がまた増備したくなるところですよね。

模型的にはこのくらい明るい方が印象は強いのですが、実写はスモークもカーテンもあってここまで光は漏れませんよね。しかしながら、暗くすると光ムラがでますからね。。。大量のLEDをつけて抵抗値の大きい抵抗をつける・・・何と贅沢な、、、

とはいえもう少し大きめな抵抗を付けてみようと思っています。
参考にしていただければ、記事にし甲斐があります。

No title

だいや96号さん
コメントありがとうございます。

曲がる基盤はやはり便利ですよね。難点を言えばお値段がちょっと高目かもしれません。。。基盤としては・・・しかしながら絶対的な金額はそれほどでもないので・・・

光の強さは難しいですよね。ムラなくするために多くつけると明るくなりますからね。。。もう少し抵抗値をあげて暗くしてやるしかないですね。

No title

まちゃけんさん
お褒めのコメントありがとうございます。

個室には特に、自由な位置で取り付けられると効果絶大ですね。
まちゃけんさんに紹介していただいていらい曲がる基板はすごく重宝していますが、金属が両側についているタイプだとお値段がちょっと厳しいです。

No title

かんちょさん
コメント&ポチありがとうございます。

チップコンデンサの取り付けが抜けてましたね。
コンデンサも実は大量に購入済でして、、、しかもこの基板構造だとLEDと同じ位置に自由な場所に取り付けができるのです。ちょっと複雑ですが構造的に考えればそうなりますよね。それは予想外の効果だったのですが・・・その意味ではコンデンサもLEDも車両の構造に合わせて好きなところに付けられる。。。まさにユニバーサル室内灯と言うなにふさわしいかと・・・

No title

うごさん
コメントありがとうございます。
そうですね。トワイライトの走行やりたいですね。。。。先日入選した九州の電気機関車で佐世保線に入線したときの様子を再現なんていいかもと思っています。

No title

うちにも内密にしていますが、KATO製『トワイライト』がセットアップを待っています。
なので、この室内灯取り付けはとても参考になります。
とりあえず、新LED室内灯を取り付けますが、雰囲気がイマイチなら、この改造を参考にさせてもらおうかと思います。

No title

南武蔵野線さん
コメント&秘密の暴露(笑)ありがとうございます。

そんな企画があったのですね!!
新LED室内灯にオレンジフィルタで十分とは思いますが、やっぱりダブルデッカーの上階がつぶれるので、、、これは北斗星なども同じなので、順次この対応を指定校かとも思いますが、、今度は車両ごとに明るさにむらが出てしまうことが気になりますね。

どこかは割り切っていくしかないものと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links