FC2ブログ

記事一覧

天王寺にて、、、103系 阪和線ほか・・・

なんかいい色してますよね。

字幕の黒地に白文字もなんだかしまっていますし・・・
 
ここ天王寺は阪和線のホームがくし型になっていて、昔はここがかなりにぎわっていたのですが、今じゃ短絡線ができ、環状線に直通の列車が多くなったため、なんだか寂しくなってます。
 
しかし、ここ天王寺は再開発などで日本一高いビル(隣の近鉄阿部野橋ですが・・・)の建設など話題は豊富!!車両もいろいろ見ることができます。
 
たとえば、、、

関西線、、、大和路線といった方がいいのでしょうか、、、201系!!
この色の201系は東側の人にとっては新鮮な感じがしますよねぇ。
 
次に、

221系!!
この車両はいいですよねぇ。3扉転換クロスシート流行の立役者!!
今の225とかと違って、車内からの前展望も、運転席との仕切り窓が大きいため、すごくいいんですよ!!
 
そして。。。

天王寺といえば・・・「はるか」ですね!!(←ポントかよ!!)
 
 

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!! 
 


コメント

No title

こんばんは

阪和線の青い103系、かっこいいですね~♪
自分の近くでは和田岬線で1本でがんばっている103系6連でしょうか?
阪和線も和田岬線も「N30」更新ですから、客窓や雨どい、前面などがほぼ原型なので落ち着きますね^^
「N40」は流石にやりすぎだ、というのは自分の意見です

No title

おはようございます。

天王寺、私は何回かしか行ったことがないのですが、駅自体の構造や阪和線や大和路線などの車両も含め、かなり魅力的ですよね。

2枚目の画像のウグイス色の201系、模型的にはついつい昔のKATOの製品を思い出します(汗)

No title

221系近郊形電車、デザインが素晴らしいですよね!
この列車が「新快速」として走っていたころ、広島に住んでいたのですが、実家の静岡に帰るときに、たびたびお世話になっていた車両なので、思い入れがありますよ。

223系、225系は若干無機質な気がします。

No title

工場長さん
N40更新の車両は本当に別物になってしまいますよねぇ。
急にデザインが丸みを帯び新しさがにじみ出て規定しまう。
それもこれも雨どいが大きいのではないかと。。。

N30は、いい感じで昔のままの雰囲気があるので、まだまだがんばってくれるとは思いますが、いつまでも残っていてほしいですね。

No title

だいや96号さん
天王寺は私にとってのJRの窓口で、私のホームグランドといってもいいくらいの駅です。

阪和線のホームにはあまり行くことはなかったのですが、ホームの一番奥から発車していく「くろしお」号は憧れの列車のひとつでしたよ。

No title

ユーロライナーさん
223、225は221を引き継いで入るのですが、確かに合理化の匂いが漂ってますよね。

実家に帰るときは18切符ですね!!
確かに姫路から米原までは超高速ですが、米原で嫌がらせにあってた口ですね!!

No title

こんばんは。

天王寺の阪和線ホーム、いい味出してて好きなんですけど、ホンマにさみしくなってしまいましたね。
僕もJR西日本近郊型の中では221系が1番好きです!

No title

まちゃけんさん
しかし残念ながら、221系もだいぶ隅っこに追いやられて来て増すよねぇ。阪和線ホームも・・・やっぱりターミナル駅ってやつは、こんな感じのくし型!!が似合うんですけれどねぇ。

上野駅も東京への直通が進んでいますから、こんな感じにならないといいのですが・・・東京や横浜発の北斗星とか・・・

No title

天王寺の阪和線ホームは、私鉄ぽくって良いですね~。
しかも、首都圏ではお目にかかれない、103系が現役なんて、
私も『ぷらっとこだま』きっぷを使って、201系&103系見に行きたいです~。
上野~東京間の直通化工事は着々と進んでいるようですが、これが完了すると、上野駅や東京駅発着の寝台特急列車は、いろいろと変化がおきそうですね。

No title

南武蔵野線さん
確かに元私鉄の阪和線らしいホームですよね。ただし私鉄時代も今とおんなじホームかは知らないのですが・・・
ぷらっとこだまはかなり魅力ですよね

四時間半・・・かなりギリギリの領域ですね

あと東京ー上野間は、いいように転がってくれるといいんですがねぇ・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。 新製品情報は除きます。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

スポンサードリンク2

アクセス数

Links