記事一覧

【鉄度模型レイアウト】地下の車庫 お手入れ忘れずに・・・

どうも最近地下の車庫へ車両をしまうとき脱線が多く、走りも悪いのでお手入れをすることに。
 
むか~しにご紹介したのですが、当レイアウト普段はこんな感じで、20m級で12両編成キリギリの駅を有しています。前は2面4線の駅だったのですが、、、駅があまりに大きいと、車両がよく見えなくて、、、通過線と待避線(かつ渡り線)としました。
 

 
そしてこの駅の下には

この地下の車庫は、スペースの確保というだけでなく留置中の車両をホコリから守るという役目。
 
この地下の車庫と狭い場所で4線を折り返すために極度な立体交差となり、おかげでとうレイアウトにはおおきな高低差(約12cm)ができてしまいましたが・・・本来は駅前もふたをして、その部分に街を!!ってはずたったのですが、やっぱり走行中の車両を出来るだけ長く見たいということで、、、ふたをしなくなってしまいました。
 
話がそれましたが・・・・この車庫に入る際の脱線の原因がわかりました。
一つ目は、長く使っている間に、少しずれてしまい、進入路の壁(赤丸)の部分が車両限界の内側に入り込んでしまっていました。

 
ここはさらに削ることで対応をしました。
 
そしてもう一つの原因が、、、

ポイントの一つにレールが外れている部分がありました。これは力技ではめるとすぐになおりました。
 
地下ということでこういった大きいエラーも簡単には見ることが出来ず、この脱線を引き起こしていました。
 
脱線の原因じゃないのですが、ポイントに一つに通電不良があり分岐側に電気が流れないことが判明。(指で押すと通電するのですが・・・)このほかの部分は、修理することが出来たのですが、このポイントは買いなおす必要があるかも知れません。
 
とりあえずそのほかに、大きな修繕箇所も見られなく、、、止まっている車両を撮影しました。

最後にレールを清掃して、、、真っ黒ですね!!天井があるからホコリは少ないのですが、やはり通電するところは汚れを吸い寄せるようで・・・・
 
この地下は手入れをするには向きませんね!!
 
 

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!! 
 

コメント

No title

留置線は憧れかつ、絶好の撮影ポイントですね。

前にビスタ2世さんの地下留置線(ブログ)を見せていただいた時から、逆に3階留置線計画が浮上しています。
というのも、うちは線路をまたぐ高架線(2階)があるため、さらにその上の高さまで上げて、留置線とコンパネにて設置しようと考えています。

その為TV(モニター)が使用できなくなるため、いっそのこと、全部上げて高い場所にレイアウトを作ろうか迷っています。部屋がさらに狭くなるのが悩みですorz

No title

おはようございます。

車庫は色々あっていいですね~
線路と車輪はこまめの掃除をすれば通電がよくなりライトのちらつきも少なくなりますよ(笑)写真にポチット♪

No title

かんちょさん
レイアウトは悩みどころですよねぇ。
スペースは限られてるし、でもやりたいこともあるし。。。

こうやって悩んでいるのも、楽しいのですけれどね!

レイアウト全体を上にあげると言うのは、一つのてですね。
確かに上にあげたほうが、ホコリなども少なくなりますし。

しかし一方で、転落の危険性や座ったまんまで見づらい点、意外と手が届きにくく扱いにくくなりなど、いろんな問題点も出て来ますよね

No title

こんにちは。
僕もかつてはお座敷レイアウトで留置線を作っていたのを思い出してしまいました。
車両の入れ換えとかめっさ楽しかったです。
そういえばベッドの下だったので、ある意味地下でした。(遠い眼)

No title

岡島さん

なかなか地下だと掃除が大変ですねぇ
しかも留置線ってことは常に車両が止まっているわけで・・・

清掃がこうかてきとわかっていてもなかなか実行できませんねぇ。

No title

まちゃけんさん

留置線の入れ替え、楽しいですよねぇ・・・
スムーズに言ってくれれば・・・

通電が悪い時は地下は厳しい物がありますよ
でもスペースはここしか無いですから、頑張って改善・改良して行きます。

No title

こんばんは。

確かに目につかないところでの大きなエラーは怖いものがありますね。

ホコリ対策も含め安定した走りをどう追究していくか、車両が魅力的になってきているだけに、今後の課題ですよね(泣)

No title

はじめまして。こんばんわ。
こぶん というものです。
地下車庫大きいですね~。うちもレイアウトつくる予定なんですけど、この地下車庫は絶対入れたいです。スペースが足りないんで…

No title

だいや96号さん

「安定した走り」これは大きな目標ですね。本物の列車でもアレだけの保線をしているくらいですから、Nゲージにいたっては歪やずれも150倍と考えると、かなりちゃんと保線をしないとですね!

No title

こぶん さん
はじめまして、コメントありがとうございます♪

是非導入をがんばってください。ただし、いろいろな注意点が、地下での脱線を想定して、地上部分は完全には固定できません。それを考慮したレイアウトにする必要がありますので。

対応策にいろいろと工夫が必要になりますので、これからも意見交換していければと思います。どんどんコメントもしてくださいね!!

No title

これだけの留置線をお持ちなのは凄いですね~。
特に、5枚目の画像はなかなか壮観です。
ケースからの出し入れって意外と時間が掛かる&面倒なので、
留置線は必須ですね~。
地下に留置線があるなんて、山手線の大崎電車区のようですね。

No title

南武蔵野線さん
留置線はいくらあっても足りなくなりますね。鉄道模型はどう長く作っても(DCCは別ですが)1線に2編成をとめるわけに行きませんから、スペースが食っちゃいます。。。この地下もスペースが限られている区忍苦の柵といったところです。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links