記事一覧

木粉ねんどを利用した道床の平坦化 

 今まで、何度も車両を紹介してきましたが、お恥ずかしいことにレイアウトが上下方向にがたがたでなんとも不自然だったかと思います。
 そこで、今回このガタガタを解消すべく、同省の工事を行いました。完成はこんな感じです。

まぁあまり美しいとはいえませんが、とりあえずは上下のガタガタを解消し、勾配をスムーズにして走行においても安定化を図ることに成功しました。
 
利用したのは、この

「木粉ねんど」です。商品のマークを見てもらえればわかりますように「Theダイソー」の商品で、もちろん105円(税込み)です。
わたしのレイアウトでは、この紙粘土はよく利用しています。コストも安いし、、、取り扱いもしやすい。着色も出来る。。。また、今までは着色を重視して、白色の紙粘土を用いてきたのですが、、、無精者のわたしはなかなか着色しない・・・・ということで、着色をしなくてもちょっとは土っぽく見えるこの「木粉ねんど」を採用しました。
 
そのほかにも工事過程で、なかなか平らになりにくいところも、このように

適当に敷いて、ギュッと上から押さえつけながら平らにしていくと簡単に購買が一定に、、、あとは法面をきれいにしていけば・・・・もうちょっと丁寧にすればもっときれいに出来るのですが、、、、
 
また、橋梁下についても高さの微調整に使った、木片や発泡スチロール隠しに使いました。

あとはこれに草をはやすなどしてもう少し整えてやれば、それっぽくなってくるのではないかなぁ。。。
あとは車両を載せて、、

 
そして完成後に試験走行をしてみました。
走りはとてもスムーズにいい感じに仕上がりました。
 
あとは、周りの風景をどうするか・・・それによってはこの法面に草を生やすかバラストを撒くのか早く決めないと・・・
 
 

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!! 
 

コメント

No title

なるほど、勾配区間で使うと、線路のたわみの防止になりますね~。
たわむと、機関車の空転に繋がるので、いいアイデアですね!

No title

いいですね、この手法は計画(妄想)中のジオラマ計画で使用させていただきます(笑)

偶然ですが私も今回「ダイソー」製品を導入(笑)、探していると色々と使えそうな物が出て来ますよね。

No title

ユーロライナーさん
そうなんです。たわみとレール継ぎ目の勾配変化点は、特にF急機関車にとっては天敵で、これを以下に解消するかが課題でした。

今回利用した紙粘土は硬化すれば十分な耐性と加工しやすさ、そして軽量であるため土台そのものへの負担も小さくすむためとても適した材料だと思います。

No title

かんちょさん

「ダイソー」は結構レイアウト作りに重宝しています。八歩スチロールのボードや積み木のような木片(60×30×15mm)などよく購入しています。そしてこの紙粘土。

最近はこの「木粉ねんど」は見かけなくなってきましたが。。。紙粘土はかなり使える材料ですよ。上のユーロライナーさんへの返信にも書きましたが、加工しやすさ、軽量であること、そして着色可能なこと、、、さらには硬化後の強度と削ったりすることが可能なことなど何かと便利な材料です。このほかにもまだまだいっぱいダイソーにはレイアウトで使えそうなものが眠っていそうですね!!

No title

お~っこのアイディアなかなか良いですね~。
鉄道模型専用品だと、需給バランスから価格が高いですが、
一般普及品の紙ねんどなら、かなりリーズナブルになりますね。
うちの未完成レイアウトの盛り土部分にも適用しようかな。。。
(失敗しても\105だし)

No title

南武蔵野線さん
意外と表面の処理をきれいにするのが大変なんですが、乾燥してから紙やすりで削ってしまうときっときれいになるのではないかと、、、まだやってませんが・・・そのあとに着色してしまえば簡単に出来てしまうと思います。

そして、ねんど自体も乾燥するまでには半日はかかりますので失敗しても、すぐにやり直せば何度でも出来ますしね!!
是非、適用してくださいね!!

No title

こんばんは。

こんな自然な色の粘土があるのですね~
100均も侮れないですよね!?
そして動画、往年の名車と最新型のすれ違いがGOODです♪

No title

ビスタ2世さん、こんばんは。
少しづつですがレイアウトの工事始めました。私のレイアウトはご承知のとおり、スタイロホームを土台に使ってるので坂道なんか切り
刻んでデコボコです。特に勾配の線路が浮きっぱなしでした。
紙粘土、使えそうですね。早速買って来て使ってみます。

No title

まちゃけんさん

100均もなかなかですよ。レイアウトで使えるものは結構多くあります。グルーガンやデザインナイフなんかも手芸店や模型店で買うよりも数段安いですしね。。。まぁそれなりの質だとは思いますが。

No title

こんばんは。
年度で勾配調節とは、あまり思いつきませんでした。
これまでは工作用紙で強行突破していたので、そっちの方法に切り替えたいと思います!

No title

のらくろ2等兵さん
わたしの土台も同じくスタイロホーム。スタイロホーム自身で勾配にはしていないのですが、それ自身の継ぎ目に段差が出来てしまい、今回のような勾配の処置が必要になりました。

No title

sho-ryakuさん
ねんどは結構自由が利きますので便利ですよ。紙粘土は加工もしやすいですし、しかも安い!!文句なしの材料ですよ。

No title

こんにちは。
自宅にあった紙粘土を使って勾配調整しました。
まだ乾いてはいませんが、線路を置いたところ良好です。
手軽に使えるのが良いですね。

No title

のらくろ2等兵さん
お役に立てたのなら、本当にうれしいです♪

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links