記事一覧

【鉄道模型】南海50000系「ラピート」 営業開始!(幅広突起対応)

週、入線しました南海の50000系「ラピート」ですが、整備を終えて我がビスタ鉄道で営業運転を開始しました。



といっても室内灯を搭載しただけなんですがね(苦笑)
装備した室内灯は、暖色のテープLED室内灯「Lughm」です。



やっぱりラピートには暖色の室内灯が合いますよね。。。
そして、さすがのマイクロエース製品、座席の色の違いで同じ暖色の室内灯でも、スーパーシートとレギュラーシートの色の違いがよく表現されていますね。

今日の出迎えは南海の6100系です。


高野線「今宮戎駅」のイメージで停車しいる6100系の横をすり抜けるラピートといった感じでしょうか・・・



室内灯装備で独特の丸窓が強調されて
さらにかっこよくなりましたよね!!

でもこの車両、、、幅広車なんですよね。。。
幅広車と聞くと屋根の突起が気になって、テープLEDの室内灯装備を少しためらってしまう方もいらっしゃるのでは、、、

そこで、、、秘策を!
それは取り付ける方向です・・・室内灯を入れるのに向きが決まっていると潜入観を持っていませんか、、、

それはスプリング集電の製品版を使っていたときの後遺症ですね!!
銅テープによる終電をしているLughmでは取り付けの向きは関係ありません。

だから・・・


ほら、、、車体をばらして屋根に取り付けていますが・・・
わかりますか・・・



通常の逆の向きに室内灯をつけています。妻面に這わせて床下に滑り込ませているので、どっちから這わせても関係ないですよね。。。しかも窓は位置を見ても、この向きがBestですね

取り付け方もより進歩していて、、、
先に座席パーツをつけたほうがより簡単です。



座席パーツをつけたあとは足の位置をきれいに整えてから、床下パーツを取り付けて完成です。

モータ車も同じですね。


突起が邪魔になるならば逆の方向から妻面に這わせて、こちらは座席パーツの裏にある集電版に銅テープを貼り付けて組み立てて完成です。

最後に先頭車ですよね。
さすがに先頭車は逆にすることは出来ませんので・・・



ばらした後、、、屋根に貼り付けは・・・


この部分に少し切り込みを入れて、ブリッジダイオード足の間に通します。

足の間からチップ抵抗までのこの部分は特に影響がありませんので、、、切込みを入れてもOKなんです。

Lughmは、もともと足を長めにして切込みをいれなくても、ある程度足の間に空間を取っていますが、このようにすることで突起を処理することなく取り付けることが出来ます

それに、、、室内にスプリングも見えませんしね♪



参考になりましたでしょうか!!ぜひやってみてくださいね
そして皆さんの一票を!!お待ちしています♪

↑鉄道関係の情報がいっぱいだよ!!




PVアクセスランキング にほんブログ村(←携帯・スマホはこちらから)



ヤフオクで検索してみました。「南海」を・・・

コメント

No title

> 南武蔵野線さん
コメントありがとうございます。

そうですよね。たぶん暖色系のイメージが強かったので・・・
それにこちらのほうが間違いなく似合いますよね。

幅広はやはりあの突起はくせ者で、、、意外と扱いにくいんですよ。せっかく自由度が利きますから、うまくやってやらないと・・・スプリングが窓から見えないところもいいですよね♪

No title

おはようございます。

これは参考になりますね。
さっそく、我が社のラピーチに導入します(^o^ゞ

No title

ビスタ2世さん、お早うございます。

おー、ラピートが生き生きとしています。
その上、色を分けるのが非常にリアルですね~

しかし、室内灯となるとどうしても人形も一緒に考えちゃう訳でして・・・ (^^;;;

No title

こんにちは

ラピートの丸い窓からの暖色の灯りが
なんともイイ雰囲気で御座います♫

室内灯の取付けの分かりやすい解説もあり良いですね

No title

こんにちは。

ラピートの丸窓から漏れる光が雰囲気を盛り上げますね~^_^
室内灯もスプリングではないメリットが充分でていますね~^_^

No title

今回は「ラーピート」での話ですが
「北斗星」の一部も幅広なので(例オシは突起あります)
そのあたりでも使える参考話ですね( ..)φメモメモ

No title

こんばんは

濃紺の車体に電球色の室内灯が映えますね!ムラもなくいい感じじゃないですかー。ラピーチと並んだ姿が近いうちに見られそうですね(笑)

No title

こんばんは。

もう営業運転とは仕事が早いですね~。
暖色の室内灯がとてもいい感じでございます。

No title

おはようございます。

暖色系の室内灯が凄く似合います。
また、テープLEDの幅広室内灯用にある突起回避方法も参考になりました。

あれ!?
内装シートのヘッドカバー表現無いですね。
改良前の製品もそうだったのかな。気になります。

No title

> ランバ・ラルさん
コメントありがとうございます。

幅広の突起は邪魔ですからねぇ~。
これをうまく処理してやらないと・・・

No title

> einさん
コメントありがとうございます。

確かに人形は欲しいですが、、、それを言い出すときりがないですからね。人形はいずれってことで、まずは室内灯・・・いつになるのかわかりませんが。

No title

> かみぷら鉄道さん
コメントありがとうございます。

このラピートは暖色の室内灯を入れた画が最初から頭にあり、すぐにやりたかったんですよ♪ボディーが青一色なだけに窓の色が加わりすごく映えていい感じになります。

No title

> ほししさん
コメントありがとうございます。

幅狭はスプリング部分を覆い隠してあり、、、これは銅テープタイプでも切断しない限りどうにもなりませんが、幅広は多いがないだけに効果はてきめんですよね!スプリング、見えることはないですが、気になりだすと気になりますよね!

No title

> みどりぺんぎんパパさん
コメントありがとうございます。

幅広タイプはどうしても突起の処理が・・・何度かはこの突起を切断したこともありましたが、、、出来ればきりたくはないですよね。
今方法だとうまく、ぼでぃーに手を加えることなく室内灯を装備できますし、それにスプリングが見えませんからね!!その意味でも北斗星など室内を装飾したい車両にもいい方法かと・・・

No title

> 豊四季車両基地さん
コメントありがとうございます。

テープLEDの配置は洗面所などがある特急車両ではうまくあわせると村なくいけますからね♪ラピーチは・・・今回は予定外です。ハイエナが出来るといいのですが・・・

No title

> EH樂太郎さん
コメントありがとうございます。

この車両は暖色の室内灯を入れるのが最初から頭の中であったので・・早めに搭載したかったのですよ!!青一色のボディーなので暖色の室内灯がすごく似合ってくれました。

No title

> 志木鉄道さん
コメントありがとうございます。

シートカバーはスーパーシートにはないんですよ。レギュラーシートはカバーの色が塗られているのですが、、、確か二十者の写真を見てみるとスーパーシートは同色形のカバーなので目立たないです。

No title

こんにちは。

ラピート、室内灯がこれほど効果的な車両とは!!
カッコ良すぎです~

No title

> まちゃけんさん
コメントありがとうございます

本物も私の中のイメージで濃紺の車体に浮かぶ丸いオレンジの暖かい光が脳裏にあって、これをやりたかったんですよ♪
まちゃけんさんも♪いかがです(笑)

No title

顔はともかく丸窓+室内灯は飛行機っぽくて魅了的です~。ピーチを中古で狙おうかな~。

コメントの投稿

非公開コメント

ビスタ模型鉄道の記事をGoogle検索

さすがのGoogle検索で今までとは一味違う検索結果です♪

月別アーカイブ

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

プロフィール

ビスタ2世

著者:ビスタ2世
オヤジになって鉄等模型を再開しました♪
新製品の情報や発売された車両の紹介、パーツや改造など、、、いろいろな記事をゆるく、かるく紹介します。

スポンサードリンク

人気記事ランキング

ここ2週間でアクセスが多い記事です。

ツイッター

記事の更新をTwitterにてお知らせしています。ぜひフォローしてください。

ブログ村ランキング

↓皆さんの一票を!!お待ちしています♪

スポンサードリンク2

Links